レモングラスの使い方3選。困った時に読みたいおすすめの使い道は?

ハーブが好きな人は、庭やプランターを使ってレモングラスを育てている人も多いのではないでしょうか。

レモングラスは意外に簡単に栽培でき、料理などにも活用できることから人気があるハーブです。

しかし、その手軽に栽培できることで増えすぎたレモングラスをどのように活用したらいいのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、レモングラスの効果やレモングラスの使い方、注意点などについてご紹介します。




レモングラスとは?

レモングラスはハーブの一種で、イネ科の多年草です。

レモングラスは爽やかで甘い香りから、タイでは香り付けとして料理などにも良く用いられています。

トムヤンクンであったりお茶などにも、このレモングラスを入れて肉や魚の臭みを消したり香りを楽しみます。

また、その香りからレモングラスの精油は飲料や香水などにも使用されていますし、昔は虫よけとしてレモングラスが活用され、幅広く活用できるハーブです。

レモングラスのすごい効果!

レモングラスの効果・効能としては、

  • 消化促進
  • 抗菌、抗ウイルス作用
  • 殺菌
  • 抗がん作用
  • 抗うつ作用
  • 体臭の改善
  • 美肌効果
  • 虫よけ
  • コレステロール値を下げる
  • 利尿作用

などがあります。

レモングラスは多くの人が、料理を美味しくしたり、香りを楽しむものと思っていたのではないでしょうか。

しかし、レモングラスには様々な効果が期待でき、目的に合った使い方をすることで健康や美容にも効果を発揮してくれます。

効果的な使い方を知ってレモングラスを活用しましょう!

使い方① おすすめはレモングラスティー!

胃や腸の働きを整える

レモングラスには消化促進効果が期待できますが、その他にも便秘や下痢、吐き気などにも効果があるとされ、胃や腸の調子を整えたいときにも最適なハーブです。

レモングラスティー4人分では、レモングラスの葉を2~3センチ程度にカットして、ホットなら大さじ4杯程度、アイスならカップ1/2分使います。

レモングラスさえあれば手軽にレモングラスティーが作れるので、胃や腸に不調を感じた時にはレモングラスティーを飲んでみましょう!

コレステロール値や血圧の改善

中年男性ではコレステロール値が気になっている人もいるでしょう。

いつも健康診断でこのコレステロール値や血圧が気になっている人にも、レモングラスはおすすめです。

レモングラスティーを毎日飲むことで、コレステロール値や血圧が正常になる効果が期待できます。

痛風にも効果的?

レモングラスには利尿作用があり、痛風にも効果が期待できるとされています。

痛風の人は、通常の人よりも尿の量を増やして尿酸値を下げる必要があります。

利尿作用のあるレモングラスは、この尿を増やすのに最適なハーブです。

痛風を直接直すような効果は期待できませんが、痛風を予防したい人、痛風で悩んでいる人はレモングラスの利尿作用を活用してみるのも良いでしょう。

寒い冬の健康管理にも効果的

レモングラスには抗菌作用や抗ウイルス作用があり、インフルエンザが流行する冬にも最適です。

この寒い冬ではホットでレモングラスティーを飲むのが良いでしょう。

レモングラスだけでなく、ショウガやシナモンをブレンドすることで、より効果的な風邪やインフルエンザ対策をすることができます。

レモングラスでガン予防

レモングラスティーは、大学の研究でガン予防ができることが確認されています。

あくまでも研究段階での話ですが、ガン予防を考えている人には最適な飲み物であることは間違いなさそうです。

毎日の食事の時には、レモングラスティーを飲んでみてはいかがでしょうか。

軽度なうつならレモングラスで解消

レモングラスには幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促進し、うつにも効果的とされています。

ストレス社会では、そのストレスからうつになってしまう人も多くいます。

ストレスを感じている時、落ち込んでいるときには、部屋でのんびりとレモングラスティーを飲んでみると良いでしょう。

使い方② デトックスウォーターで美肌ケアにも有効

美肌ケアには、レモングラスオイルをキャリアオイルに混ぜてボディークリームとして活用するのが良いとされています。

収れん作用もあるので毛穴を引き締めたい人にも効果的です。

また、生のレモングラスでデトックスウォーターを作って体の中からのケアをすることができます。

ミネラルウォーター1リットルに対して、レモングラス8本、ローズマリー5本を入れて24時間寝かすだけで簡単にデトックスウォーターを作ることができます。

美肌ケアでは外側からのケアが注目されますが、体の中からのケアも一緒にすることで効果的なケアにつながります。

使い方③ 余ったレモングラスは乾燥させるのもあり!

色々な使い方ができますが、それでもレモングラスが余ってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、レモングラスを乾燥させて保存しておくことをおすすめします。

 レモングラスを乾燥させる方法
1.しっかりと洗ったレモングラスの水気をよくとります。
2.電子レンジにキッチンペーパーを敷いてその上にレモングラスを置き、さらにその上にキッチンペーパーを置きます。
3.強で2分程度加熱したら、裏返してさらに1分加熱します。
4.後は様子を見ながら30秒程度加熱して乾燥させます。

このように乾燥させておけば、手軽に料理やレモングラスティーに活用することができます。

レモングラスを使う時の注意点

レモングラスは副作用の心配はないとされていますが、妊娠中の人や授乳中の人は注意する必要があります。

レモングラスは子宮出血を引き起こす可能性があります。

そのため、妊娠中の人は服用を控えることをおすすめします。また、授乳中の人も多量の摂取には気をつけましょう。

寒い冬には風邪やインフルエンザ予防として、子供に飲ませたいと考えている人もいるでしょう。

この時期には有効なレモングラスティーですが、子供に飲ませるときには少量飲ませるのが大切です。

乳幼児には使用を避け、小さな子供であればジュースや牛乳などで薄めて飲ませるのが良いでしょう。

おわりに

栽培したレモングラスが増えすぎてしまい、どのように活用していいか悩んでいた人も、いい活用法が見つかったのではないでしょうか。

レモングラスは様々な効果が期待できるハーブです。

余ったレモングラスは乾燥させて、毎日のレモングラスティーに活用することもできます。

栽培したレモングラスで、日々の健康や美容に役立てましょう!

こちらの記事も読まれています



シェアする

フォローする