リラクゼーションセラピストとは?仕事内容やなるための方法を解説!

今の社会はストレス社会とも呼ばれ、そんな社会で仕事をしたり、生活をしたりしている人には癒しのある生活が求められています。

癒しがある生活を送ることができれば、そんな社会でも元気に充実した生活を送れることでしょう。

そんな癒しを与える日ごとの一つがリラクゼーションセラピストです。

人に癒しを与えられる仕事をすることができれば幸せも感じますよね。

ここでは、そんなリラクゼーションセラピストについて紹介します。




リラクゼーションセラピストとは?

リラクゼーションセラピストとは、心や体を癒してくれる人のことです。

最近では、手軽に癒しが得られる足つぼマッサージなども人気がありますが、この足つぼマッサージをする人がリラクゼーションセラピストです。

他にも、

  1. リフレクソロジー
  2. リンパマッサージ
  3. ホットストーンマッサージ
  4. 整体
  5. タイ古式マッサージ

など、様々な癒し効果が得られる施術がありますが、これらの施術を行う人を総称してリラクゼーションセラピストと呼ばれているようです。

リラクゼーションセラピストの仕事には、様々な種類がありますが、ツボを押したり、マッサージをしたりと、疲れている人、癒しを求めている人に施術を通じて癒しを与える仕事です。

リラクゼーションセラピストの仕事内容は?

施術をする

リラクゼーションセラピストの大切な仕事が、それぞれの専門的な知識や技術を使い施術を行うことです。

自分が身に付けた知識や技術によって、疲れている人に癒しを与えることが最も重要な仕事です。

開店の準備をする

サロンなどによって仕事内容は異なりますが、お店によっては開店準備などもセラピストが行うケースがあります。

施術室の掃除、施術中に使うタオルなどの必要な物を準備します。

接客

リラクゼーションセラピストは施術を行うだけでなく、お客との接客も重要な仕事です。

常連客となら話もしやすいですが、初めての利用の人は緊張をしている場合もあります。

緊張をした状態で施術をしても、効果的な施術も難しいでしょう。

会話をしながら、お客の緊張をほぐすのも大切な仕事となるでしょう。

受付

お客がいるときには施術をすることになりますが、いないときは受付などもする場合があります。

大きな店舗であれば、受付を専門としている人がいるかもしれませんが、多くが小さな店舗なので、受付も自分で対応するケースもあります。

電話対応

受付をしているとお店に電話がかかってくることがあります。

店舗に来る人だけでなく、電話によって予約などをしてくる人もいます。

関連する業者からの電話がかかってくることもあるでしょう。

リラクゼーションセラピストといっても、お店の規模によっては電話対応もまかせられることがあり、ただ施術をするだけでなく、様々な雑用もすることもあるようです。

リラクゼーションセラピストで求められる能力は?

リラクゼーションセラピストに求められる能力として、

  • 知識量や技術
  • コミュニケーション能力
  • 観察力
  • 営業能力

などが必要だと考えられます。

サロンには様々な事情で疲れを感じていたリ、癒しを求めてお客さんが訪れます。

その様々な人に対応できるだけの知識量や技術はプロには欠かせない能力でしょう。

リラクゼーションセラピストの仕事は接客業です。

そのため、お客さんと信頼関係が築けるコミュニケーション能力も重要です。

観察力も必要な能力で、お客さんの体の状態をしっかりと観察する必要もあります。

先輩の対応や技術などもしっかりと観察し自分に足りないものを見つけることも良いセラピストになるために必要な能力です。

また、サロンによってはおすすめのコースなどをセラピストが紹介することもあり、ある程度の営業力も必要になるでしょう。

リラクゼーションセラピストに向いているのはこんな人!

  • 人が好きであること
  • 誠実な人
  • 体力に自信がある
  • 学ぶことが好き

リラクゼーションセラピストに向いている人は、上記に当てはまっている人でしょう。

人を癒す職業であるリラクゼーションセラピストは、人が好きであることが大切です。

人が好きな人は、相手の話を良く聞きますし、コミュニケーションも取りやすくセラピストに向いています。

この仕事では、状況によってはとても忙しいです。休憩を取る間もなく、次々と施術を行う場合もあります。

こんな時でも手を抜くことなく、施術が行える誠実さが重要です。

そんな忙しい仕事では体力も必要になります。

セラピストの技術は進歩していきますし、それに伴い必要になる知識も増えていきます。

常に一定の知識や技術を保つためには、プロになってからでも勉強が必要になります。

この努力によって利用者からの信用も増すことになるでしょう。

リラクゼーションセラピストになるためには?

スクールに通う

リラクゼーションセラピストになるための最も近道と考えられるのがスクールに通うことです。

各セラピストになるためのスクールがあり、それぞれの専門分野の講師が専門的な知識や技術を教えてくれます。

学費や通学が必要ですが、基礎からしっかりと専門知識や技術を学ぶには最適な方法です。

仕事をしながらでは通学は難しいと感じてしまいますが、夜間でも通学できるところもあります。

また、スクールによっては独立のためのコースも用意され、お店を開きたい人にもおすすめです。

通信教育を利用する

セラピストの種類によっては通信教育で学ぶこともできます。

通信教育は比較的料金も安く、通学の必要もないことから、

  • 費用をあまりかけたくない
  • 自分の好きなタイミングで勉強をしたい

という人に向いています。

見習いとして働く

サロンによっては、未経験の人でも求人を出しているところがあります。

専門的な知識や技術がないため、雑用などが主な仕事となりますが、先輩技術を見ながらどんな仕事をするのかを学ぶことができます。

資格が必要ないセラピストであれば、先輩から知識や技術を学び、施術ができるまで育ててもらえることもあります。

この方法であれば、通学の必要もなく、お金をもらいながら必要な知識や技術を学ぶことができます。

リラクゼーションセラピストに資格はいらないの?

セラピストには様々な種類があり、どのセラピストになるかによって資格が必要になる場合もあれば、資格がなくても知識や技術さえあればできるものもあります。

マッサージという施術ができるのは、あん摩マッサージ指圧師の資格を有している人しかできないことをご存知でしょうか。

このあん摩マッサージ指圧師になるためには国家資格を取得する必要があります。

エステサロンなどでもアロマオイルなどを使って、マッサージのような施術をしてくれますが、それはマッサージではなくリラックスを目的とした施術です。

このような施術を行う場合には特別な資格は必要ありません。

ただ、利用者としては、何らかの資格を有しているセラピストの施術によって安心感が得られます。

そのため、資格が必要ないセラピストであっても、関連した資格を有している方がお客さんからの信頼も得やすいでしょう。

【Re.Ra.Ku】ならスクール費用無料!

スクールに通いたいけど、学費が気になり利用できない人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが【Re.Ra.Ku】(リラク)です。

このスクールでは、リラクで働くことを条件にスクール受講給付金が受けられ、学費費用が無料となります。

専門的な知識や技術を無料で学べるうえに、リラクでの仕事まで確保され、リラクゼーションセラピストになりたいと考えている人には最適なスクールです。

この受講給付金を受けるには、説明会に参加し、選考に通過する必要があります。

常に募集をしているわけではありませんが、スクールを卒業しても就職できるのか不安な人は、もし募集されていた時にはこのスクールの利用を考えてみましょう。

【Re.Ra.Ku】(リラク)の詳細はこちら ↓

check!就職率98%!0円でセラピストの資格を取ろう!【Re.Ra.Ku】

・【Re.Ra.Ku】(リラク)に対する疑問や評判、注意点などを紹介した記事はこちら

スクール費用が無料!リラクゼーションセラピストになるならココ!
疲れた人に癒しを与えられるリラクゼーションセラピストになりたいと思っている人もいるでしょう。 このリラクゼーションセラピストになるには...

おわりに

リラクゼーションセラピストがどんな仕事をするのかと思っていた人も、良く理解していただけたのではないでしょうか。

リラクゼーションセラピストの仕事は、ストレス社会では欠かせない仕事の一つで、これからもさらにこの仕事の有効性が認められ、様々な人の疲れを癒す存在となることでしょう。

毎日の生活で疲れ切っている人が、自分の施術によって疲れが解消された、本当に癒されたと感じてもらえれば、とてもやりがいや喜びも感じることでしょう。

人に喜んでもらえる仕事をしたいと考えている人は、リラクゼーションセラピストを目指してみてはいかがでしょうか。