塩サウナの塩は顔に塗っても大丈夫?知っておきたい正しい入り方とは

銭湯などで見かける塩サウナでは、この塩を顔に塗っても大丈夫なのかと疑問を感じている人もいるのではないでしょうか。

塩サウナでは美肌効果が期待できることもあり、顔に使ってもいいならぜひ使いたいと考えている人もいるでしょう。

ここでは、塩を顔に塗っても大丈夫なのか、その効果は、塩サウナの入り方や注意点などもご紹介します。




そもそも塩サウナとは?

あまり銭湯などに行かない人は塩サウナを利用したことがない人もいるかもしれませんね。

この塩サウナは、通常のサウナで全身に塩を塗る入浴法のことです。

塩サウナは塩を塗ること以外に、通常のサウナよりも低温であるのが特徴です。

通常のサウナでは80~100℃の温度があるのに対し、塩サウナでは40~60℃程度です。

そのため、通常のサウナが苦手な人でも利用しやすいでしょう。

サウナで毛穴が開くことで塩の成分が浸透し、肌ケアでは厄介な角質を溶かしてくれ、美肌効果が期待できるとされています。

塩サウナの塩は顔に塗っても大丈夫なの?

角栓ができたことによってできるニキビや肌トラブルに悩まされている人は、塩サウナで肌ケアをしたいと考えることでしょう。

塩サウナで塩を顔に塗っても大丈夫なのかという点ですが、塩を顔に塗っても問題はありません。

ただ注意点がいくつかあります。

顔全体に塩を塗ってしまうと、塩が汗で溶けた時に目に入ってしまいます。

そのため、塗るなら目の下の頬に塗る程度にすることが大切です。

顔に塗るときには、塩をある程度溶かしてから塗るようにしましょう。粒がある状態で肌に塗ろうとすると、肌への刺激となってしまい肌トラブルの原因となることもあります。

塩サウナの塩は顔に塗ることの効果は?

塩には殺菌効果があります。ニキビではアクネ菌の繁殖を抑えることがポイントになりますが、この塩の殺菌効果によって効果的なニキビケアができると考えられます。

また、定期的に塩を使うことによって角栓ケアもできます。

塩はタンパク質を溶かす効果があるので、古い角質と皮脂とが混ざってできる角栓を取り除く効果が期待できます。

その他にも、血行や肌の代謝を促進させる効果も期待できるとされています。

このようにフェイスケアにも効果的な塩ですが、肌への刺激の心配もあることから頻繁に利用するのではなく、週に1回程度の頻度で利用することで、これらの効果も期待できるでしょう。

塩サウナの効果を高める4つの入り方

出典:(http://www.yu-iwashita.jp/ichinomiya/

湯船で体を温めよう

塩サウナで効果を高めるために重要になるのが、サウナに入る前に体を温めることです。

塩サウナは通常のサウナとは違い温度が低温であるため、体が冷えている状態でサウナに入ってもなかなか体を温めることができません。

そのため、塩サウナに入って効果を実感しやすくするためには、まずは湯船にゆっくりと使って体を温めることが大切です。

湯船で体を温めておけば、低温の塩サウナでもすぐに汗をかくことができるでしょう。

サウナの前に水を飲む

汗をかきやすくするために、サウナの前に水を飲むのも効果的です。

サウナに入れば誰でも汗をかくと思いがちですが、体の水分量が減っている状態ではサウナに入ってもなかなか汗をかくことができません。

水分補給をしておくことで汗をかきやすい状態にすることができます。

とはいっても、水を大量に飲む必要はなく、サウナに入る前にコップ一杯の水を飲んでおくだけで十分です。

サウナに入ったら塩を体にのせていく

塩サウナでは、塩を全身に塗るのですが、この時にマッサージするように塗るのではなく体にのせるという感覚で行いましょう。

塩の効果を得たいと、塩が溶ける前にすりこむように塗ってしまうと肌を痛める原因となってしまいます。

塩が溶けるまでじっくりと待つ

塩を全身にのせたら、塩が溶けるまでじっくりと待ちましょう。

塩が溶ければマッサージをしても肌に大きな負担をかけることがないので、このタイミングでマッサージをするのも良いでしょう。

低温のサウナによって血流も良くなっているので、マッサージをする良いタイミングとなります。

汗をかくことでデトックス効果が期待できるのですが、塩サウナでリンパマッサージをすることで、さらにそのデトックス効果も高まることでしょう。

塩サウナに入る際の注意点

塩は基本的に全身に使用することができるのですが、デリケートな部分は避けることをおすすめします。

目の周りに塗ってしまうと溶けた塩が目に入りますし、目以外にも肛門であったり陰部などは避けます。

また、塩サウナ内では座る場所もよく確認しましょう。前の人が座っていた場所には塩がついていることもあり、肛門周辺に塩がついてしまい肌トラブルを引き起こすこともあります。

座る前には念のために洗い流したり、塩がついていないマットなどを使うなどすることも大切です。

塩サウナから出た時には、しっかりと塩を洗い流すのも大切です。シャンプーをしたり、体を洗って塩を洗い流しましょう。

くれぐれも、塩が体についている状態で水風呂に入ったり、湯船に入るのは避けましょう。これはマナー違反です。

check!「塩サウナ」に入れる場所を探してみる【ホットペッパービューティー】

おわりに

塩サウナで塩を顔に使っても大丈夫ですが、いくつかの注意点がありました。

塩はスキンケアには有効ですが、使い方を間違えると逆効果になってしまうこともあります。

塩サウナの正しい使い方をすることで、肌の悩みを解消することもできるでしょう。

効果的な利用法で、日々のスキンケアに塩サウナを活用してみましょう!

・サウナを利用する前に一度読んで欲しい記事

必ず知っておきたいサウナの危険性とは?症状から対処法まで徹底解説!
サウナに入ることで脈拍が上がり、血行の促進、発汗によって体内にある老廃物の排出も促されます。 この発汗によって爽快感も感じることから、...

・サウナダイエットが成功しない理由と効果的な入り方を徹底解説!

サウナで痩せないのはなぜ?3つの原因と痩せるのに効果的な入り方
忙しい生活の中ではダイエットをしたいと思ってもなかなかできないという人もいるでしょう。 そんな人でもサウナを利用すれば手軽に痩せられる...

・東京でサウナに入れるおすすめ湯処をまとめてみました!

東京のおすすめサウナ12選。都会の喧騒に疲れたらココでリラックス!
毎日の生活の中では疲れを感じたり、嫌なことがあったりして、何か手軽な方法でスッキリした気持ちになりたいと思うこともあるでしょう。 そん...
こちらの記事も読まれています



シェアする

フォローする