豆乳のおすすめの飲み方10選。適切な摂取量や効果実感までの期間は?

健康や美容にと豆乳を飲んでいる人もいるでしょう。

ただ毎日飲んでいると飽きてしまう人もいるのではないでしょうか。

飽きることなく豆乳を飲むためには、色々な飲み方を知っておくことも大切です。

ここでは豆乳の美味しい飲み方10選をご紹介します。

色々な豆乳の飲み方、おすすめの飲むタイミング、1日の摂取量、効果を実感し始めるまでの期間についてもご紹介します。

おすすめの豆乳も紹介していますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。




豆乳には良いことたくさん!長く飲み続けるために美味しい飲み方を知っておこう!

昔から豆乳には体に良い効果があることで知られています。

豆乳は豆腐を作る時に使う大豆の絞り汁のことです。

見た目は牛乳に似ていますが、牛乳には無い栄養成分も含まれていて様々な効果が期待できます。

豆乳には独特の風味があり、この風味が好きな人もいれば苦手な人もいます。

苦手な人は豆乳を毎日飲みたくても続けにくい人もいるでしょう。

そんな人も少し飲み方を工夫するだけで飲みやすくすることができますよ。

豆乳は毎日続けて飲んでこそ良い効果を得ることができます。

長く飲み続けるためにも、美味しい飲み方を知って健康や美容に役立てましょう。

豆乳の効果・効能は?

豆乳は女性に嬉しい効果が期待できます。

  • 女性ホルモンの働きを助ける
  • 抜け毛予防
  • 貧血予防
  • 骨を強くする
  • 美肌効果

豆乳を継続して飲むことで上記のような効果が期待できるでしょう。

豆乳は大豆から作られるので大豆イソフラボンも豊富に含まれています。

この大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、女性ホルモンの働きを助けてくれます。

また、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促してくれるので美肌効果が期待できますし、女性ホルモンが活性化すれば抜け毛予防にもなるでしょう。

豆乳には牛乳には含まれていない鉄分、牛乳よりも多いカルシウムが含まれているので、貧血予防や骨を強くする効果も期待できますよ。

豆乳の美味しい飲み方10選

ミルクのかわりに入れる

出典:Instagram

日頃からコーヒーや紅茶、ココアなどを飲んでいる人もいるでしょう。

これらの飲み物はミルクなどを入れて飲むこともありますよね。

そんなミルクの代わりに豆乳を入れてみましょう。

豆乳が苦手な人でも美味しく豆乳を摂取することができますよ。

豆乳だけでなくハチミツなどを入れて飲むとさらに飲みやすくなるでしょう。

リンゴ酢と混ぜる

出典:Instagram

日頃の家事や仕事で疲れを感じているときにはクエン酸を摂取すると疲労回復に効果があるとされています。

疲れを感じているときには豆乳にクエン酸が豊富なお酢を混ぜて飲んでみましょう。

疲労回復にはタンパク質の摂取も重要で、豆乳にはタンパク質が豊富に含まれています。

豆乳のタンパク質は吸収率が高いとされ、お酢と一緒に飲むことで高い疲労回復効果が期待できるでしょう。

ただお酢は苦手という人も多いです。

そこで通常のお酢ではなくリンゴ酢を混ぜることをおすすめします。

お酢の酸味を豆乳が和らげてくれ適切な量を摂取して健康や美容に、豆乳の独特の香りをリンゴ酢が爽やかさを与えてくれます。

時間が経つと分離してしまうので混ぜたらすぐに飲むことをおすすめします。

甘酒豆乳

出典:Instagram

甘酒と豆乳を混ぜるのも美味しい飲み方の一つです。

特に甘酒が好きな人にはとても美味しく飲むことができるでしょう。

分量としては、甘酒が好きな人は豆乳と甘酒を1:1で混ぜてもいいですし、それほど甘酒が好きでない人なら豆乳250ccに対して甘酒を大さじ2杯入れて飲めば美味しく飲めるかもしれません。

甘酒豆乳は商品としても販売されているので、一度甘酒豆乳の商品で美味しさを体験してみるのも良いでしょう。

甘酒豆乳を飲んで、「便秘が解消された」、「肌の調子が良くなった」、「朝の目覚めが良くなった」という人もいます。

ゴマ豆乳

出典:Instagram

ゴマにも豆乳同様にタンパク質やカルシウム、鉄など様々な栄養成分が含まれています。

豆乳に練りゴマを混ぜて飲むことで栄養バランスの良い飲み物を作ることができます。

2人分の分量としては、

  • 豆乳500cc
  • 練りゴマ大さじ1
  • ハチミツ大さじ1

です。

ゴマの風味で豆乳の香りが苦手な人でも飲みやすくなって、夏にはアイスで冬にはホットで楽しむことができますよ。

生姜湯に豆乳を入れる

出典:Instagram

生姜湯の一般的な作り方は、お湯に生姜を入れて、砂糖やハチミツなどで甘みを加えます。

生姜湯に豆乳を入れる際には、生姜湯を作る時に使うお湯の代わりに豆乳を使います。

作り方はとても簡単でコップ一杯の温めた豆乳に練り生姜を1cm程度入れるだけです。

後は、お好みで砂糖やハチミツを入れます。

生姜湯は体を温めるには最適な飲み物なのですが、生姜の香りが少し苦手な人もいるでしょう。

豆乳で作った生姜湯は豆乳によって香りもマイルドになるのでとても飲みやすいですよ。

野菜ジュースに混ぜる

出典:Instagram

野菜ジュースにはビタミンとミネラルが豊富で、この野菜ジュースに豆乳を混ぜれば栄養バランスの良い飲み物を作ることができます。

食生活の乱れが気になる、朝は忙しくて朝食をとる時間がない人にもおすすめの飲み方です。

混ぜる分量としては野菜ジュースと豆乳を1:1で混ぜます。

日頃の食事での栄養バランスが気になる人にはぜひ試してほしい飲み方です。

味噌汁に入れる

出典:Instagram

毎日食卓にはお味噌汁が出る家庭も多いことでしょう。

そんなお味噌汁にも豆乳はよく合います。

分量としては、通常の水を半分程度にして残りの半分を豆乳にします。

和風のクラムチャウダーのようになり、色々な野菜も入れることで栄養満点のお味噌汁を作ることができます。

これなら豆乳嫌いの子供でも喜んで飲んでくれそうですね。

メイプルシロップを入れる

出典:Instagram

豆乳が苦手な人はメイプルシロップを入れてみてはいかがでしょうか。

メイプルシロップは甘さを加えるだけでなく、豊かな香りが楽しめるのでお菓子などにもよく使われています。

豆乳にメイプルシロップを入れることで豆乳嫌いの人でも美味しく飲むことができるでしょう。

カエデの樹液から作るメイプルシロップは不足がちなミネラル成分を豊富に含んでいます。

余分な水分を排出する効果のあるカリウムが含まれているのでむくみ対策にもなりますし、ハチミツや砂糖よりもカロリーが低いのでダイエットをしている人にもおすすめです。

カップスープを豆乳で作る

出典:Instagram

朝はいつも粉末のカップスープを飲んでいる人もいるのではないでしょうか。

そんなカップスープを豆乳で作ることでいつものカップスープにコクが出て美味しく飲むことができますよ。

お湯で作るよりも栄養価が高くなり、食欲がない朝にもピッタリですね。

夏には冷たい豆乳で作れば夏バテをしている時でもしっかりと栄養摂取ができそうです。

麦茶に豆乳

出典:Instagram

麦茶に豆乳を入れても美味しく飲むことができます。

麦茶の香ばしさが加わってガムシロップなどを入れると、まるでコーヒーを飲んでいるかのようです。

食欲がなくなりがちな夏は水分ばかりを摂取しがちです。

そんな時も定番の麦茶に豆乳を入れることでしっかりと栄養を摂取できそうですね。

豆乳を飲むおすすめのタイミングは?

豆乳を飲むタイミングとしては、

  1. 朝食時に飲む
  2. 夜の食事の30分前
  3. 間食を控えたい時

がおすすめです。

朝はエネルギーの吸収が良いので、栄養豊富な豆乳を朝に飲めば、朝から活動的になることができるでしょう。

また豆乳に含まれる大豆サポニンには脂肪やコレステロールの吸収を抑える働きがあるとされ、血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。

夜の食事は脂肪になりやすいと言われていますが、食事の30分前に摂取することで急激な血糖値の上昇を抑えてくれてダイエット効果も期待できるでしょう。

豆乳は飲むと満腹感を得られやすい飲み物なので、間食を控えたい時も豆乳を飲む良いタイミングになります。

1日の豆乳の適切な摂取量は?

豆乳は大豆から作られているため、日頃からどの程度大豆製品を食べているかで1日の豆乳の適切な摂取量も変わってきます。

日頃から大豆製品を多く摂取している人なら1日の豆乳の適切な摂取量は100ml程度と考えておくと良いでしょう。

普段あまり大豆製品を食べない人は1日200ml摂取しても問題ないと考えられます。

また飲むときには1日分の摂取量を1回で飲むのではなく、複数回に別けた方が効果的と言われています。

1日200mlを摂取するなら、朝に100ml、夜に100mlと別けて摂取すると良いでしょう。

栄養価の高い豆乳をたくさん飲んで日頃の栄養不足分を補いたいと考える人もいるかもしれませんが、適切な量を毎日摂取してこそ豆乳の効果も実感しやすくなります。

豆乳の効果を実感し始めるまでの期間は?

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、エストロゲンの分泌が低下したタイミングで摂取することで女性特有の症状の改善は短期間で実感することができるでしょう。

ただ、美肌効果は肌が生まれ変わる周期までは摂取しないと効果は実感しにくいです。

一般的に肌のターンオーバーは28日とされていますが、これは20代の肌で、年齢とともにこの周期は変わってきます。

30代では40日、40代では55日がターンオーバーの目安とされています。

美肌効果を実感するためには、年齢に合ったターンオーバーの期間は豆乳を飲み続けましょう。

効果が実感できれば豆乳の摂取も続けやすくなりますね。

迷ったらこれ!おすすめの豆乳5選

キッコーマン飲料 豆乳飲料200ml紙パック

調味料メーカーとして知られるキッコーマンでは、様々な豆乳飲料を販売しています。

その種類は32種類もあり、そこから自分の好みの豆乳を購入することができます。

色々な飲み方を紹介しましたが、自分で作るのは面倒と感じる人もいるでしょう。

この商品のシリーズはたくさんあるため、好みの組み合わせで購入し、飽きずに長く豆乳を飲み続けることができるでしょう。

まとめて購入できるのでいつもスーパーでキッコーマンの商品を購入していた人にもおすすめです。

無調整豆乳「SOY BEVERAGE」

食品添加物や砂糖不使用の無調整豆乳なので、そのまま飲んでもいいですし料理にも活用しやすいでしょう。

砂糖が入っている豆乳なら飲めるけど無料性豆乳は飲みにくいと感じる人もぜひ飲んでほしい商品です。

この商品は独自製法によって大豆の青臭さが抑えられています。

一般的な豆乳は大豆を水に浸して柔らかくしてからすりつぶしているそうですが、水に浸すことで大豆の青臭さが生じているようです。

この商品は大豆を水に浸すことなく高温水を加えながら一気にすりつぶすことで青臭さを抑えています。

マルサン 有機豆乳無調整

小さなパック入りではなく大容量の豆乳が欲しい人もいるでしょう。

この商品は1リットルのサイズなので、好みの量を調節して飲みやすいです。

小さなパック入りでは飲み切る必要がありますが、この商品なら自分に合った量を調節しながら飲むこともできますね。

「無調整だけど飲みやすい」、「値段がお手頃」、「肌艶が良くなり髪のパサつきもなくなった」という声があり、評判の良い商品です。

マルサン ソイプレミアムひとつ上の豆乳 成分無調整

豆乳が好きな人は大豆が感じられる豆乳を求めている人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのがこの商品です。

国際大豆を使用した無調整豆乳で、大豆の旨みを感じることができる豆乳です。

豆乳好きの人だけでなく、豆乳が苦手な人でも飲みやすいかもしれません。

レビューには「豆乳独特の青臭さがない」、「豆乳が苦手な人におすすめ」、「本当に美味しい」などの声があり、多くの人に高評価を受けています。

ふくれん 九州産ふくゆたか大豆成分無調整豆乳

九州産の大豆を使用した無調整豆乳です。

1リットルが6本1,898円で販売されているので、毎日豆乳を飲む人にはとてもお得な価格ではないでしょうか。

また1リットルのサイズをスーパーで購入すると持ち帰る時に重たいと感じますが、ネットで購入すれば自宅まで届けてくれます。

この商品はレビューでもとても評判が良く、購入した人の8割以上が星5つを付けるほど評価の高い商品です。

豆乳を飲みすぎるとどうなるの?

豆乳には様々な成分が含まれていて、女性にとって嬉しい効果も期待できる飲み物です。

しかし豆乳を飲みすぎれば悪影響も出ると考えられています。

早く効果を実感したい気持ちは分かりますが、良い効果を実感するには適切な量を継続することがとても重要です。

豆乳は薬ではないため短期間での効果は実感できないと考えておく必要があります。

毎日少しずつでも飲むことでいつの間にか豆乳の良い効果が出ていることに気づくでしょう。

豆乳を飲み過ぎるとどうなるかは「豆乳を飲み過ぎるとどうなるの?」で紹介していますので、詳しく知りたい人はこちらのページを参考にしてくださいね。

・豆乳を飲みすぎるとどうなるの?その副作用や症状を詳しく紹介しています。

豆乳の飲み過ぎは危険?知っておきたい副作用と具体的な過剰摂取量
美容や健康のために豆乳を飲んでいる人も多いのではないでしょうか。 豆乳は牛乳に似ていて、様々な飲み方ができるので豆乳が苦手な人でも毎日...

おわりに

ここでは豆乳の飲み方について紹介してきました。

豆乳が好きな人もそうでない人も、色々な飲み方を知っておくことで長く飲み続けることができます。

豆乳を飲み続けることで健康にも美容にも良い効果が実感できるようになります。

ただ短期間に大量に飲んでしまうと体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

適切な量を摂取して健康や美容に役立てましょう!

こちらの記事も読まれています



シェアする

フォローする