スーパー発芽大豆って実は栄養価が低い?大豆製品と比較した結果とは

先日、ネットで健康的な食べ物に関する記事を探していたところ、スーパー発芽大豆は栄養価が高いことで話題になっているようです。調べてみると雑誌やNHKの「あさイチ」でも特集され、栄養価が高く、甘くて食べやすいことから老若男女で大人気になっているみたいですね。

でも栄養価の比較対象としてキャベツやバナナなどと比較されていることもあり、どのくらい栄養価が高いのかいまいちピンとこないのが正直なところ…。

そこで、同じ大豆製品である「木綿豆腐」、「豆乳」、「納豆」、「水煮大豆」の4つで比較し、実際のところスーパー発芽大豆は本当に栄養価が高いのか検証してみました。




そもそもスーパー発芽大豆って?

そもそもスーパー発芽大豆って一般的な大豆と何が違うのでしょうか?

上の写真を見た感じだと普通の大豆と変わらなそうにも見えますよね。

スーパー発芽大豆と一般的な大豆の違いは製法にあります。

「蒸している」:水蒸気で大豆を蒸している

「発芽している」:大豆が発芽に向けて一番栄養を蓄えたところで成長をストップ

以上の「蒸している」と「発芽している」ところがスーパー発芽大豆の特徴ですね。

スーパー発芽大豆と豆腐の栄養価を比較

(※1 フジッコWebサイト※2 だいずデイズWebサイト※3 オリゴ糖 食品

スーパー発芽大豆と比較して栄養素が高い方を赤字にしてみました。

こうやって比較して見ると一目瞭然ですね。カルシウムとビタミンKは木綿豆腐の方がわずかに高いですが、全体的に見るとスーパー発芽大豆の方が栄養価が高いことがわかります

また、豆腐の食物繊維がスーパー発芽大豆よりもかなり低い値になっていますが、製造過程でおからを取り除いているからなのです。

そのため、上の表を見ると食物繊維の値が発芽大豆の方が約20倍高いことがわかります。食物繊維も一緒に摂りたい場合は、おからなどを取り除いていない「丸ごと大豆」を食べるのがおすすめです。

スーパー発芽大豆と豆乳の栄養価を比較

(※1 フジッコWebサイト※2 だいずデイズWebサイト※3 オリゴ糖 食品

豆乳との比較に至っては全ての栄養価でスーパー発芽大豆の方が高いですね。とはいっても豆乳は飲むものなので単純比較するにはそぐわないかもしれませんが。

また豆腐と同様、製造過程でおからを取り除いているため食物繊維の値が低いことがわかります。

スーパー発芽大豆と納豆の栄養価を比較

(※1 フジッコWebサイト※2 快眠マニア※3 オリゴ糖 食品

こうして見ると納豆とはいい勝負なのがわかりますね。どちらも栄養価が高く、ほとんどの栄養素で同じくらいの値を示していることがわかります。

その中でも比較して特に高い栄養素を持っているのは

納豆:ビタミンK
スーパー発芽大豆:大豆オリゴ糖

であることがわかります。

納豆に多く含まれているビタミンKは、血液の凝固に関わり、出血を止める働きがあることから「止血のビタミン」とも呼ばれています。また、ビタミンKには、カルシウムが骨に沈着する際に必要なたんぱく質を活性化させる働きがあり、骨の健康を保つ効果があります。

しかし、スーパー発芽大豆には腸内のビフィズス菌を増やして腸内の健康に役立ち便通の改善作用がある大豆オリゴ糖が豊富に含まれているのに対し、納豆には含まれていません。これは、納豆菌が発酵する過程でオリゴ糖をエサにしてしまうからです。同じように、内臓脂肪や中性脂肪に効果的と言われるβ‐コングリシニンも、納豆の発酵の過程で多くが分解されてしまいます。

つまり

納豆は、出血を止める作用と骨を丈夫に保つ作用があるビタミンKが豊富に含まれている
スーパー発芽大豆は、納豆にはない腸内環境を整える作用がある大豆オリゴ糖が豊富に含まれている

ということがわかりますね。

スーパー発芽大豆と水煮大豆の栄養価を比較

(※1 フジッコWebサイト※2 だいずデイズWebサイト※3 オリゴ糖 食品

最後にスーパー発芽大豆と最も形が近い水煮大豆と比較しました。こうして比較してみるとスーパー発芽大豆の方が栄養価が高いことがわかりますね。

ではなぜスーパー発芽大豆と水煮大豆は栄養価がこんなにも違うのでしょうか?

その理由は「調理方法」にあります。

水煮大豆も大豆を丸ごと食べられますが、お湯で長時間煮ているのでたんぱく質やイソフラボンなど様々な栄養素が水の中に溶け出してしまいます。
一方、スーパー発芽大豆は「蒸す」という水蒸気で食材を加熱する調理方法なので、水の中で加熱していません。その分、溶け出しやすい栄養素や機能性成分が多く残っているのです

スーパー発芽大豆の特に高い栄養素

他の大豆製品と比較したところスーパー発芽大豆は全体的に栄養価が高いことがわかりました。その中でもイソフラボンギャバ大豆オリゴ糖は特に高い数値を示しており、スーパー発芽大豆の特徴であるといえます。

イソフラボン:女性ホルモンと似た働きをする
ギャバ:抗ストレスや睡眠効果
大豆オリゴ糖:腸内環境を整える

つまり、スーパー発芽大豆は大豆本来の高い栄養素に加え、上記のような栄養素が豊富に含まれているということですね。

まとめ

今回の検証で大豆製品の栄養価を比較したところ

スーパー発芽大豆(イソフラボン、ギャバ、大豆オリゴ糖)
・納豆(ビタミンK)

・水煮大豆
 
・豆腐
・豆乳

といった順で栄養価が高いことがわかりました。

ただでさえ体に良い大豆製品の中でも一番栄養価が高いことから、スーパー発芽大豆は栄養価が高いといえますね。また納豆もスーパー発芽大豆と同様に栄養価がとても高いことがわかりました。

・スーパー発芽大豆の購入はこちら!