寝苦しい夜の対策11選。なかなか寝付けない時のおすすめグッズも!

睡眠
この記事は 約10 分で読めます。

布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、途中で目が覚めてしまうことはありませんか?

特に夏場は、そういった声をよく耳にします。

あなたの抱える夜の寝苦しさの悩みの原因は、湿度と体感温度かもしれません。

暑いからと言って、ただエアコンをつけっぱなしにして気温を下げているだけでは、寝苦しさを解消することはできませんよ。

今回は、寝苦しい夜に試してみたい対策をまとめてご紹介します。

 

 




夜、寝苦しくてなかなか寝付けない。どうすればいいの?

 

暑くて寝苦しさを感じるとき、体温が上がって汗をかきますよね。

わたしたち人間は、かいた汗を皮膚表面から蒸発させるときに起こる、気化熱を利用して体温を下げています。

気化熱とは、水分が蒸発する際に周りの熱をうばっていく働きのことです。

お風呂あがりにいつまでも濡れたままでいると、みるみる体が冷えてしまう、あの現象です。

また、人間は体の深部体温が下がると眠気を感じる仕組みになっており、この機能がうまく働くことで、よりスムーズに眠りにつくことができると言われています。

夜に寝苦しさを感じているときには、汗をかき、体温を下げ、眠りにつくという一連の機能がうまく働いていないと言えるのです。

つまり、眠りにつくときに汗をすばやく蒸発させることができれば、寝苦しさが解消されるのです。

 

 

寝苦しい夜の対策11選

寝苦しい夜を解消したいときに、簡単に取り入れられる対策をまとめました。

今夜からすぐに取り入れられるものも多いので、参考にしてください。

意識的に湿度をモニターして対策!

出典:Instagram

 

わたしたちは、気温の高さや低さに関しては、なんとなく肌で感じ取ることができます。

しかし、湿度に関しては気温ほど敏感に感じ取ることができません。

普段からエアコンを使用しているご家庭でも、気温は意識していても湿度までは細かく気にしていないという方も多いのではないでしょうか。

夏の寝苦しさに悩まされる前に、寝室に湿度計を置くなどして湿度の高低を意識してみてください。

 

気温と湿度を調整して対策!

出典:Instagram

 

夏の寝室の設定温度は28度ほど、湿度は60~50%を目安にコントロールしましょう。

28度と聞くと、なんだか暑そうに感じますが、湿度を低く保つことで、体の冷え過ぎを予防し、体感温度がぐっと下がります。

また、気温が低すぎると、せっかくかいた汗がなかなか蒸発せずに皮膚に残ってしまい、寝苦しさや不快感に繋がることがあります。

気温と湿度を保って、良質な睡眠をとりましょう。

 

エアコンのタイマーをうまく使って対策!

出典:Instagram

 

エアコンを一晩中使うことに不安がある方は、エアコンのタイマー機能をうまく使いましょう。

わたしたちの睡眠には深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠の2つの状態で構成されており、およそ90分のサイクルで繰り返されています。

一般的に、寝始めに訪れる深いノンレム睡眠を2回確保できると、その後の睡眠が安定するのだそうです。

睡眠サイクルは1セット90分なので、2セットで180分。

つまり、3時間のタイマーでエアコンが切れるようにしておくと、長時間冷房に当たることなく、寝つきの良さを確保できるというわけです。

エアコンが切れた後は、朝方にかけてゆっくり気温が上がりますが、この温度変化を利用して汗を蒸発させることができれば、体感温度が低い状態を維持できます。

 

エアコンを付ける前にサーキュレーターを利用して対策!

出典:Instagram

 

サーキュレーターは効果的に使って、部屋を素早く涼しくしましょう。

寝室は、寝るときしか利用しないという方も多いでしょう。

人の出入りの少ない部屋は、日中の熱や湿気が部屋にこもりやすくなっています。

エアコンをつける前に窓や扉を開け、サーキュレーターを使って、部屋の空気をうまく循環させて熱気を逃がしてください。

クローゼットや押し入れ、ベッドの下などにも熱がこもりやすいので、引き出しや扉を開けて、しっかり風を通すようにしましょう。

 

 

エアコンと扇風機を併用して対策!

出典:Instagram

 

エアコンの冷風を扇風機で部屋全体に循環させるのも、寝苦しさを解消するのに有効です。

特に、2段ベッドやロフトベッドで寝ているご家庭では、エアコンの風向きは水平に設定し、扇風機の風は天井に向けて送るようにしてください。

冷たい風が床に溜まってしまうのを防ぎ、部屋全体を涼しく保つことができます。

また、顔や首元に冷気が届くと体感温度は下がって快適に感じますが、発熱量の多い足元を冷やした方が体温を下げるのに最も効率的です。

今まで、頭や顔に直接風を当てていた方は、こちらの方法も試してみてください。

 

入浴剤を活用して対策!

出典:Instagram

 

夏場の入浴は、シャワーでサッと済ませてしまう方も多いのではないでしょうか?

確かに汗を流すだけでもスッキリしますが、メントール配合の入浴剤を使って入浴すれば、スーッとした爽快感が得られ、寝苦しさの解消になります。

入浴時に上昇した体温は、お風呂から出たあと必然的に下がるため、眠気を感じやすくなるので、一石二鳥です!

 

保冷剤を使って対策!

出典:Instagram

 

保冷剤をタオルに包んで、太い血管が通っている箇所を冷やすのも、体温を下げるには効果的です。

特に寝苦しさを感じる夜は、脇や股などに挟んで休んでみてください。

 

ハッカ油を使って対策!

出典:Instagram

 

ハッカ油をスプレーボトルに数的入れて、枕元に常備しておくのも手軽でおすすめです。

脇や股、首筋などにシュッと一吹きするだけで、体感温度が下がり清涼感を味わえます。

風呂上がりの体に使うのも気持ちがいいですよ!

ただし、ハッカ油の原液にはかなり強い冷感効果があるので、使い過ぎたり、濃度が濃すぎると極端に寒く感じてしまうことがあるので注意しましょう。

 

寝具を冷感のものに変えて対策!

出典:Instagram

 

今は、快適に眠るための工夫がされた寝具がたくさんあります。

例えば、接触冷感のシーツや枕カバー、タオルケットなどが有名ですよね。

これらは、化学繊維が使われていることが多く、製品によっては汗を吸収してくれず、蒸れやすいものもあります。

なるべく、吸水性のある素材が混紡されているものや、メッシュ加工になっているものを選びましょう。

天然素材では、麻を選ぶのが一番です。

シャリっとした肌触りと吸湿性に優れているため、心地よい眠りにつくことができます。

 

パジャマの素材で対策!

出典:Instagram

 

寝るときの衣服にも、こだわってみませんか?

寝汗をしっかり吸い、通気性にも優れた綿素材のものがおすすめです。

特にガーゼやサッカー生地のものは肌離れもよいため、暑い夜の寝苦しさを解消してくれます。

 

枕の素材で対策!

出典:Instagram

 

頭を包み込むように作られた枕に、蒸れを感じる方も多いと思います。

頭が沈み込みにくいものを使うと、頭周りの暑苦しさを解消してくれますよ。

特に高反発枕は、頭の重みで形が変化しづらくなっています。

試してみてはいかがでしょうか。

高反発枕の素材は、ファイバーやラテックスのものがおすすめです。

ファイバーの枕には、絡み合う繊維の中にたくさんの隙間があるため、通気性に優れ、頭の蒸れを解消してくれます。

ラテックスは素材そのものに天然の空気穴が無数に開いており、熱や湿気を閉じ込めにくいのが特徴です。

 

 

寝苦しい夜に最適なおすすめグッズ7選

ここでは、上記の対策方法に基づいて、寝苦しさを解消するグッズをご紹介します。

サーキュレーター

 

部屋の空気を循環させるために、ひとつは持っておきたい家電です!

シンプルで値段が手頃なものも多く、取り入れやすいのではないでしょうか?

 

 

接触冷感の寝具

 

接触冷感の寝具は、初夏になるとたくさん見かけるようになります!

素材の冷たさの基準には「q-max」という数値が使われています。

この「q-max 」が0.4以上のものを選ぶと、明確に接触冷感の効果を感じることができます。

 

 

麻の寝具

 

化学繊維が苦手という方は、麻を使った寝具がおすすめです。

独特のシャリ感があり、肌離れもよいので気持ちよく眠れます。

 

 

高反発枕

 

枕の通気性にこだわると、寝苦しさを軽減できます。

素材によって使い心地が異なるので、好みのものを見つけてくださいね。

 

 

パジャマ

 

綿100%素材のパジャマがおすすめです。

速乾性のある化学繊維のパジャマもありますが、寝ているときは起きている時間よりも体の動きが少ないので、肌から離れにくく、肌と服の間に空気が通りづらくなります。

そのため、乾く前に肌に張り付いてしまい、不快感を感じることがあります。

汗をよく吸う素材を選びましょう。

 

 

入浴剤

 

冷感専用の入浴剤をポンと入れるだけで、爽快感が味わえます。

好みの香りでリラックスしてください。

 

 

ハッカ油

 

少量で長く使えるハッカ油です。

虫よけにも効果があるので、寝苦しさはもちろん、不快な蚊の羽音も防げます!

 

 

 

おわりに

 

日本の夏は高温多湿です。

毎年のことだからと我慢していると、寝苦しいだけでは済まず、睡眠中に熱中症を発症するリスクにもつながります。

体感しやすい気温にばかり目が向きがちですが、湿度対策や寝具選び、ご自身の体温にも気を配ってみてください。

身近にあるアイテムを工夫して利用するだけでも、寝苦しさは解消できます。

睡眠の質を高めて、元気に朝を迎えましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました