マテ茶の副作用は?飲む前に知っておきたい危険性やリスクを解説!

マテ茶は飲むサラダとも言われるほどビタミンやミネラルが豊富です。

野菜不足を感じている人はマテ茶で栄養の不足分を補いたいと考えている人もいるかもしれませんね。

ただ十分にビタミンやミネラルを補給しようと思えば多くのマテ茶を飲む必要があり、副作用は心配ないのかと気になってしまいますよね。

そこで、ここではマテ茶の副作用について解説していきます。




マテ茶の副作用が気になる!実際はどうなの?

健康茶として知られるマテ茶を飲んで体に悪影響をもたらすほどの副作用があるのかと疑問を感じている人もいるかもしれませんね。

適切な量を適切な飲み方で飲んでいれば、基本的にマテ茶は副作用の心配はほとんどないでしょう。

ただマテ茶の飲む量や飲み方によっては深刻な病気を発症する可能性があるとされています。

そんなことを聞くとマテ茶を飲むのが怖いと感じるかもしれませんが、適切な量や飲み方を知っていれば健康に良い飲み物です。

マテ茶を健康や美容に役立てたいと考えている人は、どのようなケースで副作用が発生する可能性があるのかをよく知っておく必要があります。

マテ茶を飲むための正しい知識を身につけて健康や美容に役立てましょう!

マテ茶の副作用は?

がん

マテ茶の副作用としてがんを誘発する可能性があることが挙げられます。

これはマテ茶に発がん性物質が含まれているということではなく、マテ茶の飲み方や量によってがんを誘発する可能性があるということです。

間違った飲み方や必要以上に摂取することで、

  1. 喉頭がん
  2. 口腔がん
  3. 食道がん

のリスクが高まるとされています。

様々な体に良い効果があるとされるマテ茶ですが、間違った飲み方や摂取量によってがんのような命にもかかわる病気を発症する危険性もあります。

カフェインによる副作用

マテ茶はコーヒーなどと比べるとカフェインが少ないとされ、安心して飲めると感じている人もいるでしょう。

しかし少量とはいえカフェインが含まれているのでカフェインが気になっている人は注意をする必要があるでしょう。

カフェインを摂取すると交感神経が刺激を受けることになります。

このことで不眠の原因となることもあるので寝る前の服用はおすすめできません。

授乳中のカフェインの影響は、飲んだお母さんだけでなく乳児にも影響を与えることになります。

授乳中の人がカフェインを摂取することで母乳によって乳児がカフェインを摂取してしまうこともあり乳児の睡眠の妨げにもなります。

吐き気や頭痛、めまい

マテ茶を過剰摂取することで吐き気や頭痛、めまいなどの副作用を発症することがあります。

また過剰摂取しなくても、エフェドリン製剤のような交感神経興奮剤とマテ茶を一緒に服用することで、このような副作用が発症することもあるようです。

マテ茶に含まれるカフェインは少量ですが、カフェインと同じような作用がある薬を服用することでカフェインの作用が強まってしまって副作用が出てしまいます。

薬を服用している人は医師に相談するなどして、細心の注意を払って服用する必要があるでしょう。

下痢や便秘

マテ茶には不溶性食物繊維が豊富に含まれていて便秘解消効果もあるとされています。

頑固な便秘で悩んでいる人は、マテ茶を飲んで便秘解消ができるのなら毎日しっかりと飲みたいと考える人もいるでしょうが、過剰摂取をすることで下痢になってしまうこともあります。

また便秘解消のためには不溶性食物繊維だけではなく、水溶性食物繊維も摂取するのがポイントです。

不溶性食物繊維ばかりを摂取するとさらに便が固くなってしまい便秘を悪化させることもあります。

水溶性食物繊維は便を柔らかくする効果があり、水溶性食物繊維1に対して不溶性食物繊維2の割合で摂取するのが便秘解消に有効です。

どれだけマテ茶を飲むと危険なの?

マテ茶にはがんを発症する危険性があることを知ると、飲むのをためらってしまう人もいるかもしれませんね。

しかし、マテ茶は適量飲んでいれば副作用の心配がほとんどないとされ、正しい摂取量や飲み方を知っておけばそれほど怖がる必要もないでしょう。

ではどのくらいの量が適当なのがと気になりますよね。

1日1リットル以上飲んでいた人は喉頭がんや食道がん、肺がんのリスクが上昇したという報告があります。

そのためマテ茶の1日の摂取量は最大でも1リットル以内に抑える必要があると言えるでしょう。

500ml程度に抑えておけば安心して飲めそうですね。

人は1日2リットル以上の水分を必要とすると言われています。

この1日に必要な水分摂取をマテ茶だけで補うのはとても危険な行為です。

ミネラルやビタミン豊富なマテ茶の効果は少量でも十分に効果が期待できると考えられます。

水分補給を目的としてマテ茶を摂取するのではなく、休憩時のお菓子のお供として服用する程度にすることで副作用もなく良い効果が実感できるでしょう!

マテ茶の危険な飲み方は?

熱いマテ茶を専用のストローを使って飲むのは危険

マテ茶の副作用が発症する原因は飲む量だけでなく飲み方にもあります。

がんを発症する原因とされている飲み方の一つが熱いマテ茶を飲むことです。

本場ではマテ茶は専用の茶器やストローを使って飲みます。

多くの人が経験あることだと思いますが、熱い飲み物をストローで飲むと喉や食道を火傷してしまいます。

このことが原因で喉頭がんなどを発症しやすいと言われています。

マテ茶が高温でない、冷やしている場合にはがんが発症する危険性はないという意見もあります。

アルコールやタバコ、薬と一緒に飲まない

がんを発症させる原因は熱いマテ茶を専用のストローで飲むだけでなく、アルコールと一緒に飲むことも原因とされています。

長期的にアルコールとマテ茶を一緒に飲んでいると、がんが発症する可能性が3~7倍にもなるという報告があるので注意が必要です。

その他にもタバコと一緒に飲むこともがんのリスクを高めるとされていますし、薬を一緒に飲むと作用が強まることもあります。

マテ茶を飲むときにはアルコールやタバコ、薬などには十分に注意する必要があります。

薬を服用している人は、マテ茶を飲んでも大丈夫なのが担当の医師に相談することも大切です。

こんな人はマテ茶を飲むのを控えよう!

マテ茶を控えた方がいい人としては、

  1. 薬を服用している人
  2. 妊婦さんや授乳中の人
  3. タバコを吸う人
  4. お酒が好きな人

などの人があげられるでしょう。

マテ茶はカフェインを含むため、

  • 拡凝血薬
  • 抗痛風薬
  • 抗生物質
  • 交感神経興奮剤
  • 抗不安薬
  • アスピリン

などの薬を服用している人はマテ茶を控える方が良いとされています。

その他の薬でも医師に確認した方が安心してマテ茶を飲むことができますね。

妊婦さんや授乳中の人は赤ちゃんに悪影響を与える可能性もあるので控える方が良いでしょう。

マテ茶と一緒にタバコを吸ったりアルコールを摂取したりするとがんを発症する可能性が高まるので、マテ茶を控えるか一緒には飲まないようにすることが大切です。

マテ茶の注意点を意識して、嬉しい効果を体感しよう!

マテ茶の副作用を知ると、マテ茶を飲むのをためらってしまう人もいるかもしれませんね。

妊婦さんや授乳中の人、薬を服用している人は控える必要がありますが、そうでない人なら飲む量と飲み方にさえ気をつければそれほど心配をする必要はないでしょう。

南米などの本場では専用のストローを使用するのでがんを発症する可能性が高いのですが、日本では急須やパックを使ってマテ茶を作って湯呑やマグカップなどで飲む人も多く、本場のようにがんを発症する危険性も少ないです。

マテ茶はカルシウムや亜鉛、鉄などのミネラルが他のお茶よりも豊富に含まれ、

  • コレステロール値を下げる
  • 肥満防止
  • エイジングケア
  • 美肌作り

など、美容にも健康にも良い飲み物です。

注意点をしっかりと意識して、マテ茶の嬉しい効果を体感しましょう!

おわりに

ここではマテ茶の副作用について紹介してきました。

今まで副作用など気にせず飲んでいた人は少し怖いと感じたかもしれませんね。

しかしマテ茶の副作用は注意点さえ気をつけていればそれほど心配する必要はないでしょう。

マテ茶には嬉しい効果がたくさんあります。

飲むサラダとも呼ばれるマテ茶の正しい飲み方をしっかりと意識してマテ茶を健康や美容のために役立てましょう。

こちらの記事も読まれています



シェアする

フォローする