海と山、それぞれの癒し効果って何が違うの?

日々の生活に疲れた時は、海や山など自然に癒しを求めたくなりますよね。

どちらにも共通しているのが自然ですが、海と山ではそれぞれ癒しの効果が違うのです。

そこで今回は「海」と「山」、それぞれの癒し効果をご紹介します。




精神的な疲れを癒してくれる海

ymd96_bakansuokinawa20120729_tp_v

海には心を癒してくる効果があります。

海は「マイナスイオン」の宝庫といわれ、海辺を散歩するだけでも、頭と体をほぐしてくれます。また、波の音や広々とした海で開放感を味わうことによって、リラクゼーション効果も得ることができます。

さらに海の青さには、精神安定のカラーセラピー効果もあるといわれています。

大きな海をぼんやり眺めているだけで自然と心が落ち着くのには、このような理由があるからなんですね。

肉体の疲労を癒してくれる山

road-815297_1920

海とは違い、山には肉体の癒しをもたらす効果があります。

山や森の木々には「フィトンチッド」と言う、木々が発散している化学物質があり、「フィットチッド」のにおいをかぐと、精神が落ち着き、 リラックスしてくるといわれています。また、木々の緑や鳥のさえずりなどによって、五感を刺激し、頭の働きも活発になります。

山や森の中を歩いていると、心地よい疲れを感じ、自然と前向きな気持ちになりますよね。

おわりに

silhouette-1447173_1920

いかがでしたでしょうか?

海と山、私たちにもたらしてくれる癒し効果は、それぞれ大きく異なります。

海と山、どちらに行こうか悩んだときは、癒し効果を知ったうえで、決めてみるのもいいかもしれませんね。

こちらの記事も読まれています



シェアする

フォローする