肉体的疲労から劇的に回復することができる飲み物3選

連日の仕事や運動の後など、肉体的に疲れが溜まりますよね。

疲れているとやる気や集中力が落ちてしまうので、すぐにでも疲れを解消したいものです。

そこで、肉体的な疲労回復に効果的な飲み物について、自宅で簡単に作れるものから市販のものまでご紹介します。

クエン酸が含まれた飲み物

疲れたときにクエン酸を補うとエネルギーが効率よく作られるようになり、疲労回復効果が期待できるといわれています

肉体疲労時には、筋肉や肝臓に貯蔵されている糖分を使い、エネルギー代謝を行います。クエン酸には、この代謝で失われた糖分を補い、回復させる働きを促す効果があるのです。

また、クエン酸は疲労物質の乳酸を分解し、乳酸が作られるのを抑えてくれます。クエン酸は、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類、りんごなどに多く含まれています。レモンやグレープフルーツを絞って、水や炭酸水などに加えると効率的にクエン酸を摂取することができます。

クエン酸ドリンクの作り方

材料(1リットル人分)

水 1リットル

塩 小さじ1弱

砂糖 60g~70g

クエン酸 小さじ1

作り方

1. 砂糖、塩、クエン酸をメジャーカップに入れて分量を測る

2. 分量のお湯か水を足す

3. 1リットル以上入るペットボトルの空きボトルに入れて完成

出典:楽天レシピ

はちみつを使った飲み物

はちみつは、エネルギーを消耗し素早く復活したいときに効果的です。

はちみつの主成分はブドウ糖と果糖の単糖類で、体内では短時間で腸壁から吸収される性質があるため、胃腸に負担のかからない栄養分といえます。

胃腸に負担がかからないので、スポーツ後の肉体疲労時などには素早く栄養を吸収できます。皮つきのレモンを輪切りにし、はちみつに漬けた「はちみつレモン」にして飲むと、より効果的に疲労回復することができます。

はちみつドリンクの作り方

材料(1人分)

お湯 180ml

はちみつ 大1

レモン果汁 小1/2

作り方

1. お湯を沸かす

2. カップに湯を入れ、はちみつとレモンを良く溶かす

出典:楽天レシピ

ビタミンB1が含まれた飲み物

ビタミンB1は、神経や筋肉の働きを助けて肉体疲労や肩こり、眼精疲労を解消する働きがあるといわれています

豚肉やうなぎなどに多く含まれており、飲み物であれば甘酒やフルーツジュースなどで摂取することができます。特に甘酒は、ビタミンB群が豊富で、江戸時代から滋養強壮ドリンクとして飲まれていたといわれています。

甘酒の作り方

材料(6~7人分)

酒粕 200g

水 800cc

砂糖 大さじ7~8(甘さはお好みで)

塩 少々

生姜のすりおろし 適量

作り方

1. 酒粕を小さくちぎり、鍋に入れる

2. 鍋に水を入れ中火強にかけ、沸騰したら砂糖、塩を加え弱火強で酒粕が溶けるまで、酒粕をつぶすように混ぜながら煮込む

3. 酒粕が溶けてとろとろになったら火を止める

4. 器にそそぎ入れて生姜のすりおろしを混ぜて完成

出典:楽天レシピ

忙しいときは市販のドリンク

大正製薬 リポビタンD 100mL×10本 【指定医薬部外品】

自宅でドリンクを作る時間もない場合には、薬局やコンビニなどで売っている栄養ドリンクを購入して飲むことも効果的です。

① 大正製薬 リポビタンD

肉体疲労・病中病後の栄養補給や滋養強壮、虚弱体質などに優れた効果を発揮します。

ただし、カフェイン含量が50mgであり、コーヒーなどを飲み慣れていない方にはやや強いため注意しましょう。

② C1000 ビタミンレモンクエン酸

ビタミンCとクエン酸1000mg配合。キレのある爽快な味で、疲労回復が見込めます。

③ 森永製菓 甘酒

酒粕・米麹を使用したタイプで、アルコール分1%未満。酒粕のビタミンB1の疲労回復効果を、昔ながらの味わいを楽しみながら得られます。

おわりに

基本的に、人が疲労を感じるときというのは、脳が疲労しているときです。

肉体の疲れは少し休んでいれば回復しますが、脳も疲れがとれているわけでありません

睡眠によって休息することで、脳の疲れをとることができるのです。栄養ドリンクで疲れをとるのは効果的ですが、十分な睡眠をとることも心がけましょう

また、リラックスするのに最適な飲み物についても紹介していますので、あわせてどうぞ!

休憩時間や寝る前に最適!リラックス効果の高い飲み物5選
1日を元気よく過ごすためには、リラックスして息抜きできる時間をつくることは大切です。 また、日常の中でこまめにリラックスできる時間をと...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう