朝までぐっすり!テアニンが豊富に含まれている飲み物9選

ストレス社会の日本では、朝までぐっすり眠れない方も多いことでしょう。

ストレスなどを抱えているとなかなか寝付けなかったり、夜中に何度も起きてしまうといったことが起こります。

このことで寝不足になってしまい、毎朝目覚めがすっきりしない方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのがテアニンが含まれている飲み物です。

ここではテアニンが手軽に摂取できる飲み物についてご紹介します。




テアニンの睡眠効果

テアニンには

  • 睡眠の改善
  • 集中力の向上
  • PMSによる症状の改善
  • リラックス効果

があることが報告されています。

テアニンは強制的に睡眠へと導くような成分ではなく、脳をリラックスさせることにより自然な睡眠へと導いてくれます。

覚醒状態となるグルタミンのコントロール、交感神経の働きを抑制する効果によって快眠が得られます。

不眠で悩んでいる人は睡眠薬などの利用を考えている人もいるかもしれません。

しかし、睡眠薬を利用してしまうと依存性が高まることが懸念されます。

テアニンにはほとんど副作用もなく、睡眠薬などとは違い安心して服用することができる成分です。

・あわせて読みたい記事

【図解】テアニンと睡眠の関係とは?そのメカニズムを徹底解説!
ストレスの多い現代では、このストレスによって様々な体への悪影響が懸念されています。 その悪影響の一つが睡眠障害です。ストレスが多い生活...

テアニンが豊富に含まれている飲み物9選

玉露

日本茶の中では高級なお茶として知られているのが玉露です。

なぜ玉露が高級なのかと思う人もいるでしょう。

この玉露が高級な理由が栽培方法にあります。玉露を作るために必要な茶葉は、収穫する2週間から3週間前には日光を遮断します。

茶葉を収穫する直前には約90%も日光を遮断するそうです。

こうして手間をかけて栽培された茶葉は、旨味成分であるテアニンが増え、渋みのもととなるカテキンが減るためとても美味しいお茶になります。

抹茶

抹茶もテアニンが豊富に含まれている飲み物です。

この抹茶に使われる茶葉は碾茶と呼ばれ、この碾茶も日光を遮って栽培をします。

この碾茶を粉末にして作られたのが抹茶です。

また抹茶には、豊富な食物繊維やクロロフィルが含まれており、美肌効果や腸内を整える効果があります。

かぶせ茶

かぶせ茶は玉露と同じようにネットを使って日光を遮断し茶葉を栽培します。

しかし玉露とは違い、この日光遮る期間が茶摘みをする1週間から10日前後と、玉露よりも短い期間となります。

陽の光を当てずに新芽を育てているため、渋みが少なく旨みを多く含みます。

煎茶

出典:(http://www.ujicha.com/knowledge/

玉露は価格が高く、いつも煎茶を飲んでいる人もいるでしょう。

この煎茶と玉露との違いが栽培方法です。

煎茶は玉露のように日光を遮ることなく、茶摘みをするまでずっと日光に浴びた状態で栽培した茶葉を使用するのが特徴です。

ほうじ茶

ほうじ茶は緑茶の一種なのですが色が茶色いのが特徴です。

ほうじ茶は緑茶番茶などを強火で焙煎して作るため、緑色ではなく茶色になります。

この焙煎することで香ばしさがあるのもほうじ茶の特徴でしょう。

番茶

煎茶などでは若葉を使用しますが、番茶では成長した茶葉を使用するのが特徴です。

さっぱりとした味わいで、価格も安いことから多くの日本人に親しまれているお茶です。

玄米茶

出典:(http://www.ujicha.com/knowledge/houjicha.html

玄米茶は、炒った玄米に煎茶や番茶を混ぜたお茶のことです。

炒った玄米を使っているので、緑茶の香りだけでなく、香ばしいさも楽しめるお茶です。

紅茶

紅茶にもテアニンが含まれています。

紅茶も緑茶と同じ種類の茶葉で作られるのですが発酵の仕方が違います。

緑茶は不発酵茶と呼ばれるのに対し、紅茶は完全発酵茶です。お茶は発酵すればするほど香りも増します。

ウーロン茶

食事の時には緑茶ではなくウーロン茶を飲んでいる人もいるでしょう。

ウーロン茶も緑茶と同じ種類の茶葉で作られることからテアニンも含まれています。

このウーロン茶は半発酵茶と呼ばれ、紅茶になる前に発酵を止めて作られたお茶のことです。

それでも睡眠の質を高めるにはテアニンの量が足りない?

お茶の葉を利用した飲み物であれば、テアニンを摂取することができます。

しかし、睡眠の質を高めるためには、1日200mgのテアニン摂取が必要と言われています。

上記で紹介した飲み物の中で、特に玉露や抹茶には多くのテアニンが含まれていますが、その量は150mlあたり抹茶で68mg、玉露で64mg程度です。

煎茶や番茶では、煎茶で18mg、番茶で9mgです。

普段から抹茶や玉露を飲む人はテアニンを十分に摂取することは可能ですが、煎茶や番茶といった飲み物では十分な摂取は難しいでしょう。

また、お茶の中にはカフェインが含まれています。

このカフェインは寝る前に飲むと睡眠の妨げにもなり、睡眠改善目的の飲み物としては向いていないでしょう。

200mg配合!ぐっすり眠るなら伊藤園のテアニン入り麦茶がおすすめ

お茶にはテアニンが含まれているのですが、1日に必要なテアニンの摂取が難しく、カフェインが含まれていることから、飲み物では睡眠改善は難しいと思ってしまいますよね。

しかし、お茶メーカーの伊藤園ではテアニンの働きを最大限に生かし、安眠へと導く「テアニンの働きで健やかな眠りをサポートするむぎ茶」を販売しています。

この商品では、コップ一杯分の量で1日に安眠をサポートするのに必要なテアニン200mgを摂取することができます。

また、むぎ茶にはカフェインが含まれていないので、睡眠改善には最適な飲み物です。

寝る前にこのむぎ茶を飲むことで、今まで悩みであった睡眠障害も効果的にケアをすることができるでしょう。

体に優しい飲み物で睡眠の悩みを解消したいと考えている人におすすめの商品です。

「テアニンの働きで健やかな眠りをサポートするむぎ茶」の詳細はこちら

・実際に飲んでみた感想を知りたい方はこちらの記事

テアニン配合!健やかな眠りをサポートする伊藤園のむぎ茶とは?
いつも寝つきが悪い、夜中に何度も起きてしまうという方は多いのではないでしょうか。 また、朝から仕事があるので夜にはぐっすりと寝て、朝か...

おわりに

テアニンは睡眠改善には有効なのですが、一般的にテアニンが含まれている飲み物では睡眠改善は難しいです。

しかし、「テアニンの働きで健やかな眠りをサポートするむぎ茶」であれば、飲み物で睡眠改善をすることができます。

毎日充実した生活を送るためには、質の高い睡眠は欠かせません。

睡眠の悩みがある人は「テアニンの働きで健やかな眠りをサポートするむぎ茶」で解消してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています



シェアする

フォローする