酸素カプセルの副作用は?危険性や安全に入る方法を詳しく解説!

健康や美容のためにと、酸素カプセルを利用したいと考えている人もいるでしょう。

日頃から酸素カプセルを利用することで様々な効果が得られるのですが、この酸素カプセルには副作用という危険性も秘めているようです。

安全に酸素カプセルを利用するためにも、この副作用についてよく知っておく必要があります。

ここでは酸素カプセルにはどのような副作用があるのかについて解説したいと思います。




酸素カプセルに入ってみたい!でも副作用が心配…。

酸素カプセル内は通常の環境とは違い、気圧や酸素濃度が高い状態です。

この特殊な環境によって体内に多くの酸素を取り込むことができるので健康や美容にと良い効果が期待できます。

しかし、この特殊な環境は本当に体に良い効果だけなのかと疑問を感じている人もいるのではないでしょうか。

本当に安全なのかと不安を抱えながらでは安心して利用できませんよね。

安心して酸素カプセルを利用するためにはリスクもよく知っておく必要があります。

どのような副作用があるのか、安全に利用するためにはどのように利用するのが良いのかを知って上手く酸素カプセルを利用しましょう。

酸素カプセルに副作用はあるの?

酸素カプセルはスポーツ選手なども良く活用していることでも知られています。

そんな酸素カプセルにそもそも副作用があるのかと思う人もいるかもしれませんね。

一般的なサロンで利用できる酸素カプセルは、健康な人が利用した場合には副作用はまずないと考えていても良いでしょう。

ただ気圧の変化に慣れていない、病気を患っている、薬を服用している人が利用すると副作用が出ることがあります。

また早く効果を出したいと既定以上に気圧や酸素濃度を高めることでも副作用が出てしまいます。

もしかしたらお店側が高い効果を謳い規定以上に気圧や酸素濃度を高めているケースも考えられるかもしれません。

これらのことからも利用者も正しい知識を身に付けてから酸素カプセルを利用する必要があるでしょう。

酸素カプセルの副作用は?

耳に負担がかかる

酸素カプセルを利用した人の声を見ると「耳がおかしくなった」という声があります。

飛行機に乗った時に耳が詰まるような感覚になることがありますよね。

この時と同じような状態に酸素カプセルでもなります。

これは耳にある外耳と内耳の気圧の差によって起こる症状です。

酸素カプセルでは通常時の気圧よりも高く設定されているのでこのような症状になるので利用する人は耳抜きができる必要があります。

耳抜きの方法には、鼻を軽くつまんで圧力をかけて息んだり、鼻をつまんで唾を飲み込んだり、鼻をつまんで舌の奥を持ち上げる方法があります。

この耳抜きができない状態で利用していると、中耳炎になったり鼓膜にダメージを受けたりする可能性があります。

気圧によって体に負担がかかる

酸素カプセルはカプセル内の気圧を高めることで酸素を多く取り込むための装置です。

液体は気圧が高くなると多くの酸素を取り込むことができます。

通常よりも気圧が高い酸素カプセルの中に入ることで血液中の酸素の濃度が高まって様々な効果が得られます。

しかし、このカプセル内の気圧によって心臓などに負担がかかってしまいます。

また、疲労回復を目的に利用しているのに、高い気圧によって体が逆に疲れてしまうこともあります。

インスリンの効果が高まる

糖尿病の人は高血糖の状態を正常な状態へと導くためにインスリンを投与している人もいるでしょう。

このインスリンを投与した人が酸素カプセルを利用すると、インスリンの効果が高まってしまい低血糖になることもあります。

糖尿病を患っていると疲労感や目がかすむなどの症状で悩まされている人もいます。

そんな症状も酸素カプセルを利用することで改善することもあります。

しかし、インスリン投与後に使用して低血糖になると、手の震えや不安が増し、重度になると痙攣や昏睡などの症状を引き起こすこともあるのでインスリン投与後の使用は避ける必要があります。

酸素カプセルで副作用が起きる原因は?

酸素カプセルで副作用が起こる原因としては、

  • 薬を服用している
  • 病気を患っている
  • 気圧や酸素濃度が守られていない

などが挙げられます。

薬を服用していれば、酸素カプセルの中に入ることで必要以上に効果が出てしまうことがあります。

また、病気を改善させようと酸素カプセルを利用すると、症状が悪化する可能性もあるので必ず医師に相談したうえで利用することも大切でしょう。

酸素カプセルの副作用はお店側が原因の可能性もあります。

効果を高めるためにカプセル内の気圧や濃度を必要以上に高めているケースでは副作用も出やすいでしょう。

通常は1.3気圧内に設定され、これ以上の気圧での酸素カプセルは医療行為になってしまいます。

利用者も一般的な気圧内の設定になっているかを確認したうえで利用する必要があるでしょう。

できるだけ安全に酸素カプセルに入る方法は?

気圧や酸素濃度を確認する

気圧や酸素濃度が高まればそれだけ多くの酸素を取り込むことができて効果も高まるような気になりますよね。

しかし、高すぎる気圧は大きな負担を体にかけることになります。

安全に利用するためには気圧を上げ過ぎないことです。

1回で効果を得ようとするのでなく、継続して利用する方が安全で効果も実感しやすいです。

1回では効果が実感できない人でも複数回利用しているうちに徐々に効果が現れてくるでしょう。

利用してはいけない人を確認

一般的には誰でも利用できる酸素カプセルですが、病気などによって酸素カプセルを利用してはいけない人がいます。

利用してはいけない人はお店のスタッフも把握しているので、利用前に確認するのが良いでしょう。

どうしても酸素カプセルを利用したい人は、病気や薬の服用のことを隠して利用する人もいるかもしれません。

しかし、嘘をついて利用しても体に悪影響を与えるだけなので、もし利用してはいけない人に当てはまるのなら自分の体を守るためにも利用を避けましょう。

利用前に医師に確認をする

病気を患っている、薬を処方・投与してもらっている人は必ず酸素カプセルを利用する前に医師に相談をしてみましょう。

病気を患っていると様々な体の不調が出るため酸素カプセルを利用してその不調を改善させたいと考える人もいるでしょう。

しかし、病気の状態で利用したり、薬を服用・投与した状態で利用したりすると思わぬ事故が起こる可能性があります。

一般的には酸素カプセルは安全なものなのですが、病気の状態、薬を服用した状態では想像がつかないことが起こることがあります。

利用して問題ないと安易に自己判断をするのではなく専門家の意見を聞いて利用することが大切です。

不安を抱えながらではリラックスして酸素カプセルを利用できないでしょう。

担当の医師から許可をもらえば、不安なく酸素カプセルを利用することができます。

異変を感じたら早めにブザーを押す

酸素カプセルの中に入ると基本的にはすぐに出ることはできません。

ただ、気分が悪くなった時、トイレに行きたくなった時のための緊急時のブザーが用意されています。

初めての利用では上手く耳抜きが利用できないこともあるでしょうし、酸素カプセルを利用して初めて自分が閉所恐怖症だったと気づくこともあるかもしれません。

緊急ブザーを押しても出るまでには3分程度必要になることもあるので、無理をせず異変を感じた時には早めに緊急ブザーを押すことをおすすめします。

それでもこんな方は酸素カプセルに入るのは控えましょう

酸素カプセルに入るのを控えた方が良い人としては、

  • ペースメーカーをしている人
  • 人工血管などの手術をした人
  • インシュリンを投与した人
  • 妊娠中の人
  • 耳抜きができない
  • 閉所恐怖症の人
  • 風邪をひいている、花粉症の症状が出ている人

などが挙げられます。

気圧が高くなる酸素カプセルは体に負担がかかるため、ペースメーカーをしている人や人工血管の手術をした人、妊娠中の人は控える必要があります。

また、風邪をひいていたリ、花粉症の症状が出ていたりすると鼻が詰まることがあります。

このような状況では上手く耳抜きができず、耳に悪影響を及ぼす可能性があります。

安全に利用するためにも、上記で挙げた人は酸素カプセルの利用は控えるようにしましょう。

酸素カプセルの副作用と注意点を意識して、嬉しい効果を体感しよう!

酸素カプセルは利用する人の体の状態や酸素カプセルの設定によっては副作用が出る可能性があることが分かっていただけたと思います。

副作用があるのなら利用するのは怖いと感じる人もいるかもしれませんね。

ただ、この副作用や注意点は、利用者がしっかりとした知識や確認さえすれば可能な限り避けることができます。

酸素カプセルは副作用や注意点さえ気をつければ安全に利用できるものです。

酸素カプセルを利用することで、

  • 美容効果
  • 新陳代謝や血流を高める
  • 睡眠の質の向上
  • 疲労回復

など嬉しい効果が期待できます。

副作用や注意点をよく確認して酸素カプセルの嬉しい効果を体験しましょう!

・あわせて読みたい記事

酸素カプセルの嬉しい8つの効果!知っておきたい1回の持続時間も
酸素カプセルは健康や美容に効果があり、最近では様々なお店や施設で設置されるようになっています。 以前から、酸素カプセルには興味があった...

おわりに

ここでは酸素カプセルの副作用や危険性について解説してきました。

酸素カプセルにも状況によっては危険も伴うことが分かりましたが、現代社会では酸素が不足しやすく、その酸欠を起こすことで様々な悪影響があります。

酸素が不足すると集中力や視力の低下や慢性疲労の原因ともなります。

また女性はダイエットをしている人も多いですが、酸欠の状態では代謝が低下することで脂肪燃焼も低下します。

副作用や危険性がある酸素カプセルですが、そのことをよく知ったうえで利用すれば女性に嬉しい効果が期待できます。

上手く酸素カプセルを利用して美容や健康にと役立てましょう。

こちらの記事も読まれています



シェアする

フォローする