【癒しの空間】落ち着く部屋作りを成功させる5つの秘訣とは

仕事や学校から疲れて帰ってきたとき、部屋が自分好みの素敵な空間だったら、とっても癒されますよね。

熟睡できる寝室、好きな趣味に打ち込める自分の部屋、家族団らんの時間を過ごすリビングなど、ライフスタイルによって、理想の部屋の形はさまざまです。

そこで今回は、早くおうちに帰りたくなるような、落ち着く部屋づくりの秘訣を5つご紹介します。

自分だけの癒し空間!落ち着く部屋で癒されよう

自分だけの部屋は、もはや「お城」ですよね。そこは自分だけの秘密基地かもしれないし、おもちゃ箱かもしれない、それともおしゃれなカフェ、ホテル…どのような部屋なら癒されるのか、人によって違うので一概にはこれとは言えませんよね。

自分だけの癒し空間を作り出すために、まずは自分の理想の部屋のイメージ、特に色や形・質感などにまでこだわって、しっかりと思い描きましょう。一度、紙に書き出してみるとわかりやすくなりますよ!

最初に、このイメージがはっきりしないと、気に入った家具や小物をいろいろと集めているうちに、ごちゃごちゃ・ちぐはぐな雰囲気になってしまい、部屋全体が落ち着かない空間になってしまいます。

好きなものに囲まれているはずなのに落ち着かない、思い通りにならなくてイライラしてしまう、そんな事態にならないように頭の中のイメージをより具体的にしましょう。落ち着く部屋で癒されるための第一歩です!

落ち着く部屋作りを成功させる5つの秘訣

① 心が落ち着く色を選ぶ

やはり、暖色系のものが人の心をやわらかくしてくれます。

特に家族が集うリビングなら、あたたかみのあるブラウン系を基本に家具を選んでみましょう。モスグリーンなどの自然を感じさせる色味もおすすめです。

寝室では、ベージュや優しい色合いのピンクなど、やわらかな色味のものを揃えてあげると寝付きやすくなります。

もちろん、ビビットな色合いが好きな方や、モノトーンの方が落ち着くという方もいらっしゃると思います。そんな方は次からご紹介するポイントをぜひ参考にしてみてください。個性の中にも、ほんの少し癒しの要素を取り入れてみてはいかがですか?

② 自然の力を味方にしよう

木目のやわらかさやぬくもりは、癒しポイントのひとつですね。テーブルや椅子、ラックなどを木を使ったもので揃えてみるのもいいかもしれません。そんなに予算がない、という方は、アートパネルを飾るだけでも、お部屋の印象を変えてくれます。

木の他にも、リネンやコットンといった素材も素敵です。木製のフォトフレームに、お気に入りの写真やカードを飾ってみるのも楽しいですね。窓からは、自然の光を十分に取り入れられるよう、家具などで窓を遮らないようにしてあげましょう。

植物が好きな方は、グリーンを育ててみるのもいいですね。毎日、お世話をしてあげることでも心が休まります。

③ 部屋の照明にも、ひと工夫

家族団らんのひとときを楽しむなら、オレンジ色の照明がおすすめです。オレンジ色の光は心を落ち着かせる効果があるため、リラックス効果がアップしますよ。

また寝室の照明は、蛍光灯の使用をなるべく避けましょう。睡眠ホルモンの分泌が悪くなり、寝つきが悪くなってしまいます。

寝室らしさを演出するなら、ぼんやり明るい小さな照明をいくつか組み合わせるのがおすすめです。なるべく低い位置に置くように意識すると、ムードのある寝室を作りだすことができますよ。

逆に、読書や縫物、DIYなどの趣味の部屋には、明るい照明を選んで作業効率をアップさせてくださいね!

④ 家具の高さにも目を向けて

狭い部屋だと、収納スペースを増やしたくて、ついつい背の高い家具を選んでしまいますが、部屋を広くゆったりと見せるためには、背が低めの家具を選ぶことがポイントです。

背の高い家具は、圧迫感があるため、窮屈に感じてしまいます。

今の部屋は洋室が多いですが、昔ながらの和室を思い出してみてください。

畳にこたつ、ごろ寝できる長座布団や座椅子など、床中心の生活スタイルを取り入れて、リラックス感や懐かしさを演出してみるのはいかがですか?

また、家具の高さはなるべく揃えてあげると、一体感が生まれて部屋が落ち着いた印象になります。

⑤ 勇気をもって断捨離してみる

家具は値段や大きさから、一度買うとなかなか買い替えないものですよね。そして長年、家に存在し続けた家具の中には、使っていない小物や洋服がたくさん入っていることが多いのです!

自分の好みの部屋を作るために、思い切って家具を新調するのもいいですが、ちょっと待ってください。その前に、家の中にある不必要なものを、思い切って処分してみてはいかがでしょうか?

収納スペースがアップして、ごちゃごちゃしていたものがすっきり片付き、それだけでも居心地のいい部屋に変身してくれます!

物の少ないシンプルな部屋にいると、スッキリとした気分になりますよね。お部屋と心のデトックスに挑戦してみませんか?

おわりに

自分がどんな部屋で過ごしたいか、イメージは膨らんできましたか?

自分の部屋は、外の慌ただしい世界から離れて、自分らしさを取り戻す大切な空間です。居心地の良い落ち着いた部屋を自分の手で作る、という作業そのものも、ストレス発散になりますよ。

お気に入りの物たちに囲まれながら、おうち時間を今まで以上に充実させましょう!

・あわせて読みたい記事

コスパ最高!癒し空間に最適なおすすめ北欧インテリア5選
自分の部屋をおしゃれでくつろげる空間にしたい!センスのいい部屋で生活したい!そんな風に思ったことはありませんか? そこで今回は、そんな...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう