ヒーリング音楽の癒し効果って?世界一癒されるヒーリング音楽も紹介!

ストレスが溜まっている時や疲れている時、ヒーリングミュージックを聴くとなんとなく落ち着いた気持ちになりますよね。

しかし、癒し効果があるといわれているヒーリングミュージックについて、実際私達にどのような効果をもたらしているのか知らない人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ヒーリングミュージックの癒し効果と科学的に証明された「世界一癒されるヒーリングミュージック」についてご紹介します。

ヒーリングミュージックって?

ヒーリングミュージックは、心理的な安心感を与えたり、気持ちをリラックスさせたりするために作られた音楽のことです。

また川のせせらぎや波の音、野鳥の声などの「自然音」が入ることもあります。

ヒーリングミュージックの効果

脳波は、現在脳がどのような状態になっているかということを、「Hz」という周波数単位で表すことのできるものです。

α波は耳慣れたキーワードですが、主な脳波の種類は5つあり、以下のように分類されます。

γ波(ガンマ波) 起こっている時や興奮している時に発生

β波(ベータ波) 日常生活を送っている普通の時に発生

α波(アルファ波) リラックスしている時に発生

θ波(シータ波) うとうととまどろんでいる時に発生

δ波(デルタ波) 深い睡眠をとっている時に発生

出典:(http://mezamashi.jp/suimin/music-01/

脳波はそれぞれ、脳波の波形、周波数、意識の状態とともに違っています。人間は主に目覚めているとき、五感の働きで意識は緊張しておりβ波の状態であることが多いのです。

しかし、心身ともに極めてリラックスした状態になると、脳波はβ波からα波へと変わっていきます。

ヒーリングミュージックはα波が出ているわけではなく、脳のα波を引き出す様な環境を作り出すことができる音楽であり、このことによってリラックスした状態となりストレスを沈める効果があるのです。

また、ヒーリングミュージックを聴くことによって、体内時計をつかさどっている部分への刺激にもなるとされていて、睡眠障害を持つ人にも効果的であるとされています。他にも脳の活性化や体の免疫力を高めるなどの様々な効果があり、近年では音楽療法にも取り入れられています。

世界一癒されるヒーリングミュージック

この音楽は、マンチェスターを拠点に活動するマルコニ・ユニオンというグループが作った「無重力(ウェイトレス)」という曲です。ギター、ピアノ、エレクトロなどの楽器から作られたこの曲は、2011年10月16日に英国音楽療法アカデミーと共同で制作されました。

マインドラボ機関による2011年の科学的調査により、「世界一癒される音楽」として認定されています。

科学的な調査の結果、この曲は聴いた人の不安感が65%低下し、心拍数を35%抑える効果があるとが明らかにされています。

おまけ

毎日のリラックス用、ストレス解消用、集中力アップなどに最適なBGMです。

自然音とピアノによるゆったりとしたBGMで、勉強や睡眠導入用などに最適です。

静かにゆっくりしたいときや睡眠用に最適なBGMです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

気分転換したいときに自分のお気に入りの音楽を聴くのも良いですが、たまにはヒーリングミュージックを聴いて癒されるのも良いですね。

睡眠時にヒーリングミュージックを利用する場合は、布団に入ってから30分~1時間後を目安にタイマーで自動的に止まるようにしておきましょう。日常の脳が興奮している状態から、睡眠のためのリラックス状態に切り替えるためにはこの程度の時間が必要となります。

また就寝の約1時間前からは質の高い睡眠をとるため、脳に強い刺激を与えるPCやスマートフォンは控えて読書などでリラックスした時間を過ごすようにしましょう。