月光浴の8つの効果は?月の光を浴びに夜の散歩へ出かけてみよう!

夜に歩いていると月明かりに照らされ、なんとなく癒される、気分が良くなったと感じた人もいるのではないでしょうか。

忙しい生活の中では、そんな月明かりすら気づかなかった、意識していない人もいるかもしれませんね。

ここでは、月光浴の効果や方法、月光浴をするタイミングや注意点について紹介します。

最近疲れている、癒しが足りないと感じている人は、月光浴の効果をぜひチェックしてみてくださいね。

・満月の日までに読んでおきたい記事はこちら!

満月のパワーを活用する7つの過ごし方。願い事を叶える方法やコツは?
世界中で昔から満月には大きなパワーがあることで知られています。 このパワーを得ることで願い事が叶うこともあるのですが、満月の日の過ごし...




そもそも月光浴とは?

日光浴はよく聞くけど、月光浴という言葉はあまり聞きなれない人もいるでしょう。

日光浴は太陽の光を浴びることですが、月光浴は月の光を浴びることです。

太陽の光とは違い、月明かりはとても弱いため光を浴びているという感覚はないかもしれませんね。

月明かりは満月ならとても明るく、昔の人はこの明かりだけで読書をしていたと言われています。 

この月明かりには昔から神秘的な力があるとされていました。満月になると狼になる狼男の話、日本では竹取物語でも月が登場します。

月の光は美容効果もあるとされ、クレオパトラも月光浴をしていたそうです。

昔からこの月明かりを生活の中で取り入れたり、月明かりには神秘的な力があると信じられていたようです。

月光浴にまつわる神話や逸話は?

世界中に月の神話や逸話があります。

この神話や逸話を確認することで、今まで月と人がどのようにかかわってきたのか、どのような影響を受けてきたのかが良く分かります。

月は世界中で、特別なパワーがある、特別な存在として扱われていて、昔の人は科学的にではなく、感覚的に月のパワーを感じ取っていたのではないでしょうか。

日本では月にまつわるお話としてかぐや姫が良く知られていますし、イギリスの昔話で有名なのがオオカミ男です。

満月を見ることでオオカミ男へと変身してしまうお話ですが、これも月にそれだけのパワーがあると信じられていたからこそ生まれたお話でしょう。

インド神話では月の神とも考えられているのがソーマです。

このソーマは神様の飲み物ともされ、神々だけでなく人にも活力を与え、病も治し寿命を延ばす飲み物ともされていました。

そのことから、ソーマは人々に富をもたらす神とされていたようです。

  • マヤ神話ではイシュ・チェル
  • インカ神話ではママ・キジャ
  • ギリシャ神話ではアルテミス

など、世界中の神話の中に月にまつわる神が存在します。

心と体を整える。月光浴の8つの癒し効果

睡眠の質の向上

現代の生活では、多くの光によって睡眠が妨げられています。

この睡眠では月明かり程度の明るさが良い睡眠へと導くと言われています。

睡眠の1~2時間前には、パソコンやスマホなどの利用はやめて、月明かりの中でのんびりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

また、この月明かりにはセロトニンの分泌を促す効果があります。

セロトニンは幸福ホルモンとも呼ばれ、心のバランスを整えてくれます。

疲れを感じている、不安やストレスがある時でも、セロトニンによって心を落ち着かせてくれます。

リラックス効果

メラトニンの分泌が向上すれば、リラックス効果も得られます。

このメラトニンには鎮静作用があり、気分を落ち着かせてくれます。

嫌なことがあった時は部屋の明かりを消して月光浴をしてみましょう。適度な月明かりでリラックスすることができるでしょう。

感情を落ち着かせる

太陽の光はとても強力で、人に活動力を与えてくれます。

しかし、この太陽のエネルギーを受けすぎれば感情が不安定となりイライラすることにも少なくなります。

太陽は陽のエネルギー、月は陰のエネルギーとされ、月光浴をすることで陰のエルギーが充電でき、

  • 負の感情を抑え
  • 調和や優しさ
  • 慈愛に満ちる

とされています。

邪気を払ってくれる

現代社会では陽のエネルギーが強いとされ、妬みや嫉妬、悲しみなどのエネルギーにあふれています。

月光浴をすると、この負のエネルギーが浄化されると言われています。

エネルギーの陰と陽とのバランスを整える

人は体質的に陰と陽があり、性格もその体質によって異なるとされています。

ただ、体質が陽であっても、陰のエネルギーが不足すれば病気になりやすくなると考えられています。

日中は太陽の光によって陽のエネルギーを取り込みやすいのですが、陰のエネルギーは意識して取り入れる必要があります。

太陽のエネルギーと月のエネルギーをバランスよく浴びることで、体の状態を整えることにもなります。

生理痛の緩和

女性の中にはいつも生理痛で悩んでいる人もいるでしょう。

そんな人にも月光浴はおすすめです。

月の光を浴びることで分泌されるセロトニンには、この生理痛の緩和にも効果が期待できると言われています。

生理痛だけでなく月経前症候群(PMS)にも有効とされ、今まで薬に頼っていた人は、月経浴を取り入れることも考えてみましょう。

美肌効果が期待できる?

クレオパトラが月経浴をしていたことをご存知でしょうか。

世界三大美女の一人でもあるクレオパトラは、入浴後には香油を塗って月光浴をしていたそうです。

月の光によって香油が肌に浸透しやすくなると信じられ、お気に入りの肌ケア方法として取り入れていたようです。

日々のスキンケアにも月光浴は効果を発揮しそうですね。

相手を大胆な行動に導く

海外のビジネスマンは、満月の夜に高層ビルの高い場所の部屋で、月明かりの中で商談すると成功率が高まるというジンクスがあるようです。

月の光には人の意識を高揚させる効果があり、その効果によって大胆な行動へと導きやすくなります。

お付き合いしている彼が煮え切らない態度を示しているのなら、満月の夜に月明かりの中で二人だけの時間を過ごすことで積極的なアプローチをしてくれそうですね。

月光浴は窓越しでも効果あるの?

月光浴をしたいけど、寒い時期は外に出たり、窓を開けたりするのはためらってしまいますよね。

月光浴が良いと分かっていても、寒い季節は誰でも暖かい場所で過ごしたいものです。

そんな時に気になるのが、月光浴は窓越しでも効果があるのかということでしょう。

月光浴をするのに最も良いのは直接光に浴びることですが、窓越してあっても効果を得ることができます。

日中では、太陽の光が差し込む窓辺にいると日焼けをすることもあります。

これは、窓を閉めている状態でも太陽の光が届いている証拠です。

月の明かりは太陽ほど強くはありませんが、窓越しでも光は届きます。

寒い時期はしっかりと部屋を暖めて、窓のカーテンを開けて、自分が月光浴をしやすい環境で楽しみましょう。

月光浴の方法は?3つのポイントをおさえよう!

リラックスできる環境

月光浴をするだけでもリラックス効果は得られますが、その効果をより高いものにするためにも、服装は寝間着などゆったりとしたリラックスできる服装にしましょう。

夏場であれば服装は特に問題ないですが、冬場はしっかりと防寒対策をしてから月光浴をすることも大切です。

月光浴をする体勢もポイントで、月光浴ができる場所に椅子を用意したり、寝そべることができるような環境も整えましょう。

月光浴が終わったらすぐに就寝

月光浴をした後にお風呂に入ったり、スマホなどを使いたい人もいるかもしれませんが、そのまま就寝することが大切です。

そのため、入浴やメールのやり取りなどは事前に済ませて置き、後は寝るだけというタイミングで月光浴をすると良いでしょう。

満月水の利用

月光浴をしたくても時間がない人もいるでしょう。

そんな人は満月水を作ってみましょう。月の明かりは人だけでなく、他の物にも影響を与えます。

満月水は満月の光を浴びた水のことで、この水を飲むことで月光浴と同じような効果を得ることができます。

月光浴をするならどの時期がいいの?時間帯は?

月光浴をする時期はいつがいいのかと思う人もいるでしょうが、この時期ではいけないといったルールはありません。

ただ、月光浴をするためにはある程度の光量は必要でしょう。

その時の季節や天候によって光量も変わってきます。

月光浴をするためには、月明かりで影ができる程度の光量があればすることができます。

最も効果的な時期と言われているのが、エネルギーが満ちている満月をはさんだ2~3日間です。

この間で、自分に都合の良い日、天候が良い日を選んで月光浴をしましょう。

時間帯としては夜半から午前0時までが良いとされています。

満月はほぼ毎月見ることができます。この満月のタイミングで月光浴をするのを習慣にすることで、月のエネルギーをしっかりと浴びることができ、効果も得やすいでしょう。

雲が隠れて月が見えないときはどうする?

満月の夜なのに月が雲で隠れてしまうと、月光浴ができないのでは、月からの効果が得られるのかと思ってしまいますよね。

しかし、月のパワーはしっかりと届いています。

潮の満ち引きは月や太陽の影響によって起こります。

この影響は太陽よりも地球に近い月の影響が大きいです。

また、月光浴では満月や新月が良いとされていますが、この時には出産しやすいとも言われています。

満月や新月では、人の感情、体調にも影響を与えるとされ、月の影響はとても大きなものといえるでしょう。

人は月から様々な影響を受けて生活をしているのですが、これらの影響は天候に関係なく受けています。

月光浴は、月の光を浴びることなのですが、その月のパワーは曇りでも得ることができます。

暖かい時期なら少しでもパワーが得られるように、曇りでも外に出て散歩などをすると良いでしょう。

月光浴をする際の注意点は?

月光浴をするときには、月見酒を楽しみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、月光浴の時にはアルコールは控えた方が良いようです。

また、月光浴の後に、入浴をしたり、スマホやパソコンを使うといったことも避けましょう。

月光浴の後はすぐに就寝するのが良いとされています。やることを全て終わらせ、後は寝るだけという状態での月光浴が最適でしょう。

また、月光浴は体調の良い時に行いましょう。

体調の悪い時は体の陰のエネルギーが強く、月のエネルギーからの影響を受けやすいため、かえって体調を悪化させる原因になることもあるようです。

おわりに

月光浴の効果、やり方が分かっていただけたのではないでしょうか。

人は活力のある陽のエネルギーを求めがちです。しかし、このエネルギーが強すぎれば感情のコントロールも難しくなるでしょう。

大切なのは陽と陰とのバランスです。

定期的に月光浴をすることで、この陽と陰とのバランスを整えることができ、月光浴の癒し効果によって感情のコントロールもしやすくなるでしょう。

満月の夜には、散歩に出掛けて月の光を浴びてみてはいかがでしょうか。

・満月の日までに読んでおきたい記事はこちら!

満月のパワーを活用する7つの過ごし方。願い事を叶える方法やコツは?
世界中で昔から満月には大きなパワーがあることで知られています。 このパワーを得ることで願い事が叶うこともあるのですが、満月の日の過ごし...
こちらの記事も読まれています



シェアする

フォローする