黒糖の美味しい8つの食べ方。美容や健康にも効果的!

サトウキビで作られた黒糖は美容や健康に良いとよく言われていて、ただ食べるだけで綺麗になれるなら毎日の食生活の中に取り入れたいですよね。

しかしどのように食べたらいいのかと思う人もいるでしょう。

ここでは黒糖の食べ方について紹介します。

黒糖の美容や健康の効果についても紹介していますので、最後まで読んでくださいね。




黒糖を美味しく食べよう!美容や健康にも効果的!

黒糖の魅力は手軽に摂取できることです。

毎日の料理では砂糖を使うことは多いですし、コーヒーや紅茶などを飲む時にも砂糖を入れますよね。

そんな時にいつもの砂糖の代わりに黒糖を使うだけで美容や健康効果を得ることができます。

いつもの砂糖の代わりとして使うのが最も手軽な方法ですが、その他にも美味しく食べる方法もあります。

工夫することで、黒糖に飽きることなく毎日摂取することができるでしょう。

どんなものでも同じですが、継続して摂取してこそ効果を得ることができます。

特に食べ物は毎日摂取していると飽きやすいです。

せっかく良い食材を摂取するのですから毎日おいしく食べたいですよね。

黒糖を毎日飽きずに食べるためにも様々な美味しい食べ方を知っておきましょう。

様々な食べ方を知ることで継続して摂取することができて、黒糖の美容や健康の効果も十分に実感することができるでしょう。

黒糖の効果・効能は?

黒糖を摂取することでの効果としては、

  • むくみの改善
  • 貧血予防
  • 美肌効果
  • 腸内環境の改善
  • 代謝の向上
  • 骨を強くする
  • 疲労回復
  • ホルモンバランスを整える

などがあります。

黒糖には余分な塩分や水分を排出するカリウムが豊富に含まれています。

これは上白糖と比べると550倍もの違いがあると言われ、むくみで悩んでいる人には黒糖を摂取することで良い効果が実感できるでしょう。

上白糖と比べて鉄分も多く含まれているので貧血予防やホルモンのバランスを整える効果が期待できます。

鉄分などのミネラルの他にビタミンBも豊富なのも黒糖の特徴です。

このことで美肌効果、代謝の向上の効果も期待できます。

カルシウムを豊富に含まれ上白糖と比べて240倍ものカルシウムが含まれているので骨を強くする効果も期待できます。

黒糖は吸収率も良く主成分がブドウ糖なので、疲労を感じた時に提出することで疲労回復効果も期待できるでしょう。

黒糖の美味しい食べ方8選

黒糖餅

出典:Instagram

お正月などではお餅が余ってしまい、どのように食べたらいいのかと悩んでしまいますよね。

そんな時は黒糖餅にしてみてはいかがでしょうか?

お餅を焼いて鍋でお餅をお湯にくぐらせて食べやすくなったら、お皿にお餅をのせて、後はきな粉と黒砂糖をトッピングするだけの簡単料理です。

ラフテー

出典:Instagram

黒糖は沖縄の特産品の一つです。

そんな食材はラフテーといった沖縄ならではの料理によく合います。

豚肉の塊を買ってたっぷりのお湯で余分な脂肪を取り除きます。

その後は、煮汁を使って黒糖や泡盛、醤油を入れて40分から1時間煮込めば美味しいラフテーを作ることができます。

もずく酢

出典:Instagram

もずくにはフコイダンが含まれ健康や美容に効果があるとされています。

食物繊維も豊富で腸内環境を整える効果も期待できます。

もずくの定番料理であるもずく酢を作る時には黒糖を使ってみましょう。

もずくは低カロリーなのでダイエット食としてもおすすめですよ。

チャイ

出典:Instagram

寒い季節ならインド式の飲み方を楽しんでみましょう。

インドではチャイと呼ばれる飲み物が親しまれていて、香辛料も入れるので体をしっかりと温めるだけでなく美容効果も得ることができます。

鍋に水や紅茶、カルダモンやシナモンスティック、おろし生姜などを入れて2~3分程度煮出します。

後は、黒糖と牛乳を入れるだけです。

寒い日にはピッタリの楽しみ方です。

黒糖いなり寿司

出典:Instagram

黒糖は上白糖よりもコクがあると感じる人も多く、いつもの料理で使う砂糖を黒糖にすることでいつもとは違う料理を作ることができます。

この黒糖を使っていなり寿司を作ってみてはいかがでしょうか。

油揚げを煮るときに黒糖を入れることでいつもとは違ういなり寿司を作ることができますよ。

サーターアンダギー

出典:Instagram

沖縄といえば、サーターアンダギーを思い浮かべる人もいるでしょう。

サーターアンダギーはホットケーキミックスを使えば簡単に作ることができます。

ホットケーキミックスに黒糖や卵を入れて、小さく丸めたら、後は油で揚げるだけです。

黒糖を入れることで、今まで食べたことのないサーターアンダギーに仕上がるかもしれませんね。

黒糖ピーナッツ

出典:Instagram

おやつに最適なのが黒糖ピーナッツです。

鍋に黒糖と水を入れて火にかけ、黒糖を溶かしたらピーナッツを入れて焦がさないように水分を飛ばして作ります。

意外に簡単に作れて、子供のおやつとしても喜んでくれるでしょう。

黒糖ラムレーズン

出典:Instagram

パンやアイスクリーム、サラダなどにレーズンを入れる人も多いことでしょう。

そのレーズンを、黒糖と白ワイン、ラム酒で煮ることでいつもとは違うレーズンを楽しむことができます。

黒糖のカロリーや栄養は?

黒糖の主な栄養成分としては、

  1. カリウム
  2. カルシウム
  3. マグネシウム
  4. ビタミンB1
  5. ビタミンB2
  6. ビタミンB6

などがあります。

これらの栄養成分は、上白糖と比べると明らかに黒糖の方が多く、カリウムは上白糖が100gあたり2mgに対し黒糖は1100mg、カルシウムは上白糖が1mgですが黒糖は240mgも含まれていて、上白糖と比べてとても栄養価が高いことが分かります。

その他にも、コレステロールの抑制、疲労回復効果もあるオフタコサノール、糖の吸収を抑制して血糖値の上昇を抑えるフェニルグルコシドも含まれています。

黒糖のカロリーは100gあたり354calと、砂糖なのでカロリーは高めですが、上白糖は384kcal、グラニュー糖は387kcalと、他の砂糖と比べるとカロリーは低いです。

黒糖の適切な摂取量は?

世界保健機構(WHO)によると、1日の砂糖の摂取量は1日のエネルギー摂取量の5%未満にすると良いとされています。

これは成人で1日25g以下、ティースプーンなら6杯の量です。

この摂取量で注意をしたいのが飲み物や料理などに含まれる砂糖も入れた摂取量ということです。

缶コーヒーには15g、飲むヨーグルトには24g、メロンパンには16gの砂糖が使われていると言われていて、日頃の食生活によってはすぐに摂取量を超えてしまう人もいるでしょう。

黒糖を毎日の生活に取り入れるためには、日頃の食生活でどの程度砂糖を摂取しているのかも良くチェックする必要があるでしょう。

ただ5%未満の摂取量はあくまでもWHOが推奨するもので、ハンガリーやノルウェーでは7%~8%未満、ポルトガルでは25%未満という基準になっていると言われています。

試してみるならこれ!おすすめの黒糖3選

波照間黒砂糖粉末

沖縄県波照間島産の黒糖で、波照間島は年間平均気温が20℃以上と原料となるサトウキビを育てるには好条件の環境です。

250gが6袋セットになり、価格は1,600円ととてもお買い得な商品です。

粉末タイプなので、料理やドリンクにと使いやすいでしょう。

レビューでも

  • 「スーパーに売られている黒糖とは全く違う」
  • 「そのまま舐めても美味しい」
  • 「この商品で初めて黒糖が美味しいと感じた」

などの声もあり、評判になっている商品です。

沖縄産純黒糖(粉状)

沖縄のサトウキビの絞り汁を使って作られた黒砂糖です。

粉状なのでパンなどのお菓子作りにも使いやすいですね。

750gとたっぷりサイズで、価格は729円(税込)です。

黒糖をよく使う人は、10袋がセットになった商品も用意されていて、こちらは6,920円とさらにお得な価格で購入できます。

レビューでは、

  • 「コクがあるのにあっさりとしている」
  • 「透明な包装で状態が分かりやすい」
  • 「取扱説明書が丁寧」

などの声があります。

【有機JAS】有機黒糖

砂糖は毎日使うこともあり、品質にはこだわりたい人もいるでしょう。

この商品は、有機JAS認定のオーガニック黒砂糖で、安心して毎日摂取できる黒糖です。

内容量300gで価格は432円と手軽に購入できる商品です。

  • 「黒砂糖らしい香りが楽しめる」
  • 「自然の甘みが感じる」
  • 「安心して食べられる」
  • 「授乳中なのでオーガニックにこだわった」

など、多くの人から高評価を受けている商品です。

おわりに

ここでは黒糖の美味しい食べ方について紹介してきました。

黒糖といっても、通常の砂糖と同じように使うことができて、その上、一般的に使われている上白糖よりも栄養価が高く、黒糖を使うだけで美容や健康効果を得ることができます。

また、本物の黒糖は加工品と比べて味や香りも大きく異なるようです。

比較的安い商品もあるので、いつもの砂糖から黒糖に変えて美容や健康にと役立ててみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています



シェアする

フォローする