アロマセラピスト目指す人必見!仕事内容や資格などを徹底解説!

最近癒しという言葉をよく耳にします。

これはストレス社会の日本では、多くの人がこの癒しを求めているからではないでしょうか。

そんな日本で働くなら、疲れている人に癒しを与えられる仕事に就きたいと考えてる人もいるでしょう。

癒しを与えられる仕事の一つがアロマセラピストです。

ここでは、

  • アロマセラピストがどのような仕事をするのか
  • どのような場所で活躍できるのか
  • 求められる知識は何か
  • 資格は必要なのか
  • アロマセラピストになるための方法

などについて紹介します。

癒しを与えられる仕事をしたい、アロマセラピストになりたい人はぜひ参考にしてくださいね。

アロマセラピストってどんな仕事?

アロマセラピーには高い癒し効果があることは多くの人が知っているのではないでしょうか。

アロマセラピーは植物から抽出したエッセンシャルオイルを使って健康や美容に役立てようというもので、癒し効果も得られることでよく知られています。

植物の香りは人には様々な影響を与えるとされています。

ストレスを緩和したり不眠の改善、集中力を高めるなど精神的な作用を与えることも出来ますし、免疫力の向上や臓器機能の改善など身体的作用のあるエッセンシャルオイルもあります。

アロマセラピーで使うエッセンシャルオイルには様々な種類があり、この様々なエッセンシャルオイルを使って施術を行ったり、どのようなエッセンシャルオイルを使ったら良いのかなどのアドバイスをするのかアロマセラピストの仕事です。

その種類によって効果も大きく異なることから、専門家による施術であったりアドバイスが必要となります。

アロマセラピストとして活躍できる場

アロマセラピストが活躍できる場としては、

  • アロマ専門店
  • 美容サロン
  • 医療施設
  • スクールの講師

などがあります。

アロマ専門店などをよく見かけることもありますが、この専門店でのアドバイザーとして活躍できます。

それぞれの商品にはどのような効果や作用があるのか、お客の悩みを聞いてどの商品が最適なのかをアドバイスします。

アロマトリートメントをする美容サロンでも求められています。美容サロンでは、アロマテラピーの知識だけでなく、マッサージやトリートメント技術も必要です。

医療関係の施設では、患者をリラックスさせるために待合室や施術室などにアロマを取り入れようと考えているところも多いようです。

このような施設に対して、どのようなアロマが効果的なのかをアドバイスします。アロマセラピストとして様々な経験を積んだ人なら、スクールでの講師として勤務することも可能です。

このように、アロマセラピストの活躍の場は多くあります。

アロマセラピストに求められる知識やスキル

アロマセラピストになるためには、

  • 精油学
  • アロマテラピーの利用法
  • コンサルテーション理論や実技
  • カルテ作成

などの知識やスキルを身に付ける必要があります。

精油学では、使用するアロマ精油の種類であったり、その特徴、成分や効能、抽出方法や原材料にいたるまで勉強をする必要があります。

また、その精油がどのような仕組みによって、どのように人体に影響するのかも必要となる知識です。

実技では

  • ボディトリートメント
  • フェイストリートメント技術
  • コンサルテーション能力

なども求められます。

このように、アロマセラピストになるためには様々な知識やスキルを身に付ける必要があります。

アロマセラピストになるのに資格は必要?

アロマセラピストになるために必要な資格はありません。

免許のようなものはなく、あるのは民間資格です。

それなりの経験や知識があれば資格がなくても働くことは可能ですが、やはり資格を取得して知識や技術があることを証明できる方が働きやすいでしょう。

アロマにかかわる資格は複数あります。それぞれが特徴がある資格で目的に合った資格を取得することで、働く職場や利用者に実力を証明することができます。

開業する場合でも、資格の認定証やスクールの修了証などが確認できれば、利用者は安心して施術を受けることができます。

知識や技術を周りに認めてもらうためにも、アロマセラピストになるためには資格取得は欠かせないでしょう。

アロマセラピストの資格の難易度は?

アロマセラピストになりたい人が取得を目指すのが、公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)が主催するアロマセラピストです。

数あるアロマの資格の中でも最上位の資格として認知されています。

この試験では選択回答式(マークシート)の試験、トリートメント実技試験、カルテ演習があり、合格率は40%です。

AEAJが主催する資格にはアロマテラピー検定もありますが、この資格では合格率が90%程度となっていて、この資格と比べてもアロマセラピストの資格の難易度がうかがえます。

この試験を受験するためには、アロマテラピーアドバイザーの資格を取得し、認定スクールで必須履修科目を修了する必要があります。

アロマセラピストになるためにはスクールがおすすめ!

アロマセラピストになるためには、様々な知識や技術を身に付ける必要があります。

そのため、アロマセラピストを目指すならスクールに通うことをおすすめします。

特に資格取得を目指す人は、アロマセラピストの資格には受験資格がもうけられていることからも、認定スクールに通うことは必須条件です。

東京であれば30校以上の認定スクールがあり、多くが徒歩で5分圏内で通いやすいです。

AEAJアロマセラピストの資格は、スクールに通ったとしても、

  • アロマ検定1級、アドバイザー資格を取得するのに3~6ヶ月
  • アロマセラピスト資格を取得するのに約7か月程度

は必要と言われています。

効率よく勉強するためにもスクールに通ってアロマセラピストを目指しましょう。

全国のアロマスクールを探してみる

おわりに

アロマセラピストの資格について少し理解が深まったのではないでしょうか。

多くの人が癒しを求めている日本では、これからもアロマセラピストの重要性は高まってくると考えられます。

仕事や家庭で疲れている人を癒せるアロマセラピストは、相手だけでなく自分も幸せを感じられる仕事となるでしょう。

人を少しでも幸せにしたい、癒してあげたいと考えている人は、利用者に安心して施術を受けてもらったり、確かなアドバイスをするためにも、実力が証明できるアロマセラピストの資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。