癒される人の7つの特徴。癒しを与える人になる5つの方法をご紹介!

安らぐ・落ち着く

職場や学校などで「この人といると癒されるな」と感じるような人はいませんか?そのような人は周囲の人を癒してくれる人に共通する特徴をいくつか持っています。

そのような魅力的な癒される人になるためには、どのようなことを心がければ良いのでしょうか?

今回は、癒される人について癒される人の持つ特徴や癒される人になる方法をご紹介していきます。

 

 




あなたの周りに癒される人はいませんか?

 

あなたの周囲には「この人といると落ち着く」「癒される」と感じるような人がいませんか?

また、あなたがこのように落ち着く、癒されると実際に言われたことがあるのであれば、あなた自身が周囲の人を癒してくれる存在になっているのかもしれません。

最近ではストレス社会と言われているため、自分自身だけではなく周りにいる人のことも癒すことが出来たら素敵なことですよね。

また、一緒にいて癒される人は暖かな家庭を築くことができそうだという印象を相手に与えるため、真剣に交際をしたいと考えている人も男女問わずにいるようです。

このように、「人を癒すことができる」という能力はとても魅力的なものなのです。

 

 

癒される人は周りにどんな影響を与えているの?

 

周囲の人を癒すことができる人は、周りの人に対して様々な影響を与えています。ここでは、癒される人が周囲の人に与える影響について3つご紹介していきます。

  1. 癒される(和む)
  2. 周囲の雰囲気が明るくなる
  3. コミュニケーションが円滑になる

それでは、これらの影響について1つずつ見ていきましょう。

癒される(和む)

まずはやはり癒される、和むといった影響が挙げられます。

ストレス社会の現代では癒しを求めている人も少なくないので、このように周囲に癒される人がいるととてもありがたいと思っている人も多いようです。

癒される(和む)という影響は、イライラしてしまっている人を落ち着かせることもできるので、八つ当たりや喧嘩などのトラブルの予防にも繋がっていることがありますよ。

 

周囲の雰囲気が明るくなる

癒される人がいると、周りの人もつられて笑顔になったり、落ち着いたりします。そうすると、暗い雰囲気ではなく明るい雰囲気になりますよね。

周囲の雰囲気が明るくなることによって、仕事や勉強に励みやすい良い環境を作ることができますよ。

 

コミュニケーションが円滑になる

周囲の雰囲気が明るくなることによって、会話しやすい状態になります。

つまり、コミュニケーションを取りやすい状況を作ることができるのです。

周囲の人だけではなく癒される人にとっても、場の雰囲気が明るく何でも話しやすい環境は良い環境だと言えます。

 

 

癒される人の7つの特徴とは?

 

癒される人が一人いるだけで周囲の人に対して癒される、コミュニケーションが円滑になるなど様々な良い影響がありました。

癒されると感じる人には、いくつか共通する特徴があります。ここでは、癒される人が持っている7個の特徴についてご紹介していきます。

癒される人が持っている特徴には、以下の7つが挙げられます。

  1. 優しい
  2. 思いやりがある
  3. 他人を責めない
  4. 落ち着きがある
  5. 笑顔でいることが多い
  6. 挨拶や感謝を言葉にしている
  7. 前向きな気持ちを持っている

それでは、これらの癒される人が持っている特徴について1つずつ見ていきましょう。

優しい

癒される人のもっとも大きな特徴に、優しいというものがあります。

この優しさは決して大きなものではなく、仕事をしている時に「大丈夫ですか?」「お手伝いすることはありますか?」などと声がけをするだけでも忙しい人にとってはとても嬉しいものです。

また、癒される人は異性だけではなく性別や年齢に関わらず優しくすることができるという特徴も持っています。

 

思いやりがある

癒される人が優しいといっても、優しさを押し付けるようなことはしません。

優しさを押し付ける行為は何もしないよりも悪印象を持たれてしまうことがあり、ありがた迷惑と評価されてしまいます。

癒される人は優しくする際にも思いやりを忘れず、相手が喜ぶことをするようにしているのです。

 

他人を責めない

ミスをしてしまった時に指摘やアドバイスをするのではなく責めるような言葉を言ってしまったという経験はありませんか?

指摘やアドバイスまでは相手を思いやってする行動に入りますが、人を責める言葉を言うのは相手に対する思いやりがありません。

他人を責めるのではなく、ミスをカバーするように心がけるとミスをした人も気持ちが軽くなりますよ。

 

落ち着きがある

バタバタと走り回ったり、いつも急いでいるような人には癒されることはありませんよね。

このことから、落ち着きを持って行動することが癒される人の特徴の一つに数えられます。

また、早口でまくし立てるように話すよりも、落ち着いてゆったりと話す方が応対をする人に対して親切と言えます。

 

笑顔でいることが多い

ムッとした顔をしている人よりも笑顔でいる人の方が癒される人に圧倒的に多いものです。

たとえ「ありがとうございます」と一言伝えるだけでもムッとしていたり目元が笑っていなかったりすると「本心から感謝しているわけではないんだな」と相手に伝わってしまいます。

言葉も大切ですがまずは表情や行動を大切にするのが癒される人の特徴です。

 

挨拶や感謝を言葉にしている

挨拶や感謝の言葉は、些細なことではありますが癒される人がとても大切にしていることです。

朝から笑顔で「おはようございます」と言われる方が、会釈だけで済まされてしまうよりもずっと気持ちが良いですよね。

しっかりと言葉と行動で伝えることは癒される人の基本です。

 

前向きな気持ちを持っている

周囲の人を癒すことができる人は、基本的に前向きでポジティブな気持ちを持っています。

ネガティブな人は他人を癒すというよりもまず自分が癒されたいと考えている人が多く、癒される人を求めている側だと言えるでしょう。

また、ネガティブな状態だと人を癒すために必要な自分自身の余裕やゆとりが持つことが難しいので、ポジティブで前向きな気持ちを持っている人が癒される人になりやすいと言えます。

 

 

どうすれば癒される人になれるの?5つの方法をご紹介!

 

周囲の人を癒し、好印象を持たれやすい癒される人になりたいと考える人は少なくありません。

癒される人になりたい場合には、ここでご紹介する癒される人になる方法を参考にしてみてくださいね。

癒される人になる方法には、以下の5つが挙げられます。

  1. 柔らかい口調を心がける
  2. 笑顔でいるように心がける
  3. 時間に余裕をもつ
  4. 自分磨きを始める
  5. 頑張りすぎない

それでは、これらの癒される人になる方法について詳細にみていきましょう。

柔らかい口調を心がける

出典:Instagram

 

癒される人の特徴でもある落ち着きのある振る舞いを身につけるために、まずは口調から直していきましょう。

きつい言い方をしてしまっている部分があればなるべく柔らかく表現するように心がけてみましょう。

無意識に口調がきつくなってしまうという人はゆったりと時間をかけて話すことも効果的ですよ。

 

笑顔でいるように心がける

出典:Instagram

 

ストレスが溜まってしまったり、嫌なことが起こってしまうとついつい顔に出てしまうこともありますよね。

ですが、口角が下がってムッとした表情でいることはあまり好ましいとは言えません。

そのような表情の人は話しかけにくく、周囲のコミュニケーションも停滞させてしまいます。

そのため、できるだけ笑顔でいるように心がけてみましょう。

もちろん愛想笑いは良いこととは断言できませんが、口角を上げるように心がけるだけで気持ちも前向きになる効果があるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

時間に余裕をもつ

出典:Instagram

 

やらなくてはいけないことが山積みになってしまっていると、余裕を持って人に接することができなくなってしまいます。

そのため、なるべく時間に追われてしまうような状況を作らないようにすることがおすすめです。

仕事を効率化したり、30分でも早く起きるようにして余裕を持って行動するようにしてみるのも良いですよ。

 

自分磨きを始める

出典:Instagram

 

癒される人は、何かに一生懸命に取り組んでいるという人も多いので、自分がやってみたいと思っていたことや自分磨きを始めてみましょう。

たとえば英語を学んで外国人の人ともコミュニケーションを取ってみたり、ジョギングや筋トレをして引き締まった体を目指してみたりとどのようなことでも構いません。

夢中になれるものがあると、ストレスがあっても上手に発散することができるので表情に不満などが出ることが減りますよ。

 

頑張りすぎない

出典:Instagram

 

癒される人になろうと頑張るのはとても良いことですが、あまり根を詰めすぎないことも大切です。

無理に人に優しくしようとすることで反対にストレスを溜め込んでしまっては本末転倒です。

そのため、癒される人になろうと頑張りすぎずに程よくストレス発散をしながら行うことが大切です。

 

 

おわりに

 

癒される人が身近にいると、周囲の雰囲気が良くなったりコミュニケーションが円滑になったりするという影響があります。

このような良い影響を与えてくれる癒される人には、思いやりを持った優しさがあり、前向きで笑顔でいることが多いなどの特徴があります。

癒される人になりたいと思う人も少なくありませんが、頑張りすぎてしまうと疲れてストレスを溜め込む原因になってしまうので、程よくガス抜きをしながら癒される人になるようにこころがけてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました