流星キャンドルが美しくて癒される!思わず見惚れる魅力や使い方を紹介

毎日の生活の中に癒しのある時間を過ごすことで日々のストレス解消につながります。

そんな癒しの時間を作るのにおすすめなのがキャンドルです。

キャンドルの中でも流星キャンドルは見た目にも綺麗で癒しの時間には最適なアイテムとなるでしょう。

ここでは美しくて癒される流星キャンドルについて紹介します。

癒しの時間を作れるアイテムを探している人はぜひ最後まで読んでくださいね。




流星キャンドルが美しくて癒される!

出典:Creema

キャンドルの炎に癒しの効果があることをご存知でしょうか。

キャンドルは空気の流れでゆらゆらと揺れていますよね。

そのゆらぎは「1/fのゆらぎ」と呼ばれ、眺めているだけで緊張も徐々にほぐれて心も体もリラックスできると言われています。

キャンドルならこの効果が期待できるのですが、流星キャンドルは見た目が美しく、1/fのゆらぎとその見た目から高いリラックス効果が期待できるでしょう。

キャンドルの炎のゆらぎにリラックス効果があると分かっていても、ただ炎を眺めているのもつまらないですよね。

流星キャンドルは注意深く眺めていると流星を見ることもできて、良い時間を過ごすことができるでしょう。

流星キャンドルってどんなキャンドル?

普段からキャンドルを活用している人でも、流星キャンドルを初めて聞いた人もいるのではないでしょうか。

そもそも流星キャンドルとはどんなものなのかと思っている人も多いでしょう。

蝋の中に流星のようなラメが入っていて、質感はぷにぷにとしているキャンドルです。

ぷにぷにとした質感は他のキャンドルにはない特徴で、初めて触った人は本当にキャンドルなのかと思うかもしれません。

素材には流動パラフィンを使用し、半透明で弾力のあるワックスの中に流星に見立てたラメが入っているのが流星キャンドルです。

通常のキャンドルに使用しているオイルと比べて融点が高いのも流星キャンドルの特徴です。

流星キャンドルの魅力は?

ぷにぷにとした感触

流星キャンドルはぷにぷにとした質感が特徴です。

通常のキャンドルの質感は硬いですが、ぷにぷにとした質感の流星キャンドルは触っても楽しめるのが魅力の一つでしょう。

流星キャンドルに火をつける前に触りながらキラキラするキャンドルを見て楽しむのもいいですね。

見た目が綺麗

流星キャンドルは半透明のワックスの中に星のようにラメがちりばめられています。

見た目にもとても綺麗で、そのまま置いていても良いインテリアになるでしょう。

通常のキャンドルとは質感も違い、キャンドルとは思えないよなインテリアになりますよ。

キャンドルを眺めていると流星を楽しめる

流星キャンドルはワックスの中に星のようなラメが入っているのですが、なぜ名前に流星という言葉が使われているのかと思っている人もいるでしょう。

流星キャンドルに火をつけると少しずつワックスが溶けていき、その溶けたワックスの中を星に見立てたラメが流れます。

そのラメが流れる様子が流星のようで流星キャンドルと名前がついているようです。

キャンドルの明かりだけでなく流星が楽しめるのは素敵ですよね。

癒し効果が高い

流星キャンドルは癒し効果が高いのも魅力です。

一般的なキャンドルにも炎のゆらぎによって癒しが得られますが、流星キャンドルはその見た目から癒し効果が期待できます。

寝る前にキャンドルの炎によって蝋が溶けてその中を流れる流星を見ながら時間を過ごすことで、心も体もリラックスできて快眠効果も期待できるでしょう。

使えば使うほどに違った印象を与えてくれる

キャンドルには育てる楽しみもあります。

炎の熱によって周りのロウが溶けていき、育て方によってあなただけのキャンドルに育ってくれます。

上手く育てると表面だけ残して内側だけが減っていきます。

もともと半透明の蝋を使用しているので内側に炎があっても目で確認しやすく、周りは星たちがきらめいているような幻想的な時間が楽しめるでしょう。

流星キャンドルは他のキャンドルにはない美しさがあります。

使うたびに違った印象を与えてくれる流星キャンドルは、毎日楽しい時間を与えてくれるでしょう。

流星キャンドルの5つの使い方

芯の長さを調整しよう

出典:Instagram

流星キャンドルを楽しむときには、まず芯の長さを調整します。

芯が長ければ大きな炎になりますし、短ければ小さな炎になります。

芯が長すぎると大きな炎になって早く蝋を溶かすことになってしまいますし、炎が傾いてキャンドルの周りにあるものに火が燃え移る原因にもなってしまいます。

芯の長さの目安は5~6mmです。

適切な長さに芯を調整して流星キャンドルを楽しみましょう。

育てるには使用する時間も重要

出典:Instagram

流星キャンドルを思い通りに育てるためには使用する時間がポイントになります。

キャンドルを全体的に溶かしたい人もいれば、外側を残して中心部分だけを溶かしたい人もいるでしょう。

全体的に溶かすためには1時間以上は火をつけるのがポイントになりますし、中心部分だけを燃焼させたいなら逆に短時間火をつけるのがポイントです。

どのようにキャンドルを育てたいのかをよく考えて燃焼時間を調整しながら上手く流星キャンドルを育てましょう。

育てるときには部屋の温度も大切

出典:Instagram

上手く流星キャンドルを育てたいと考えている人は部屋の温度にも注意をしましょう。

気温が低いとキャンドルの外側が外気温の影響を受けて溶けにくくなります。

全体的に上手く溶かしたいときには暖かい部屋の中でキャンドルを楽しむようにしましょう。

癒し効果を得るための使い方

出典:Instagram

キャンドルを育てることよりも、日々のストレスを解消するため、リラックスするために流星キャンドルを活用したい人も多いことでしょう。

そんな人の流星キャンドルの使い方でも時間がポイントになります。

キャンドルの炎のゆらぎによって短時間でもリラックス効果が得られるのですが、1時間程度流星キャンドルを楽しむ時間を作ることをおすすめします。

この1時間キャンドルを使った時の癒しのリラックス効果は、スパで1時間分の施術と同じという報告があるほどです。

毎日1時間キャンドルを使った時間を作ることで、ストレスの多い生活をしている人でも上手くリラックスできて充実した生活が送れるでしょう。

火の消し方

出典:Instagram

普段キャンドルを活用していない人は、キャンドルの火なんて吹き消せばよいと思う人もいるでしょう。

しかし、吹き消すと溶けた蝋が飛び散って火傷をすることもありますし、嫌な臭いが発生する原因にもなってしまいます。

簡単な消し方としてはピンセットで芯をつまんで溶けている蝋の中に浸して消す方法です。

蝋に浸けて火を消した後は芯をまっすぐに戻しましょう。

流星キャンドルの正しい灯し方は?

流星キャンドルに着火をする前に芯の長さを調整します。

容器から取り出すとそこに芯の長さを調整するピンがあるので、少し短めに調整しましょう。

着火するときには蝋を溶かすように芯の根元に着火します。

着火するためには安全のためにも着火式のライターを用意することをおすすめします。

芯に火がついても炎は徐々に小さくなって消えてしまうこともありますが、すぐに再度着火しようとするのではなく、しばらく放置しましょう。

周りの蝋が溶けると炎が上がってきます。

初めの頃は炎が小さい、安定しないと感じるかもしれませんが、蝋が溶けるほどに炎も安定してくるので、流星キャンドルを育てるつもりでのんびりと楽しみましょう。

流星キャンドルはどこで購入できるの?

キャンドルには香りが楽しめるアロマキャンドルや水に浮かべて楽しむフローティングキャンドル、カップの中に入ったカップキャンドルなど種類も多いですが、流星キャンドルはお店では見かけたことがない人も多いことでしょう。

キャンドル好きな人でもお店では見かけない流星キャンドルをどこで購入できるのかと気になりますよね。

ネットでは楽天市場やYahoo!ショッピング、ハンドメイドサイトのCreemaや「minne」などで購入することができます。

その他にも、北海道札幌市中央区に店舗を構え、オンラインショップも開設しているキャンドル専門店の「ハンドメイドキャンドルCandly」でも購入することができます。

流星キャンドルの購入を考えている人は、これらの通販サイトで入手すると良いでしょう。

どこで購入するのが一番お得?

流星キャンドルを販売しているサイトはいくつかあるのですが、どこが一番お得なのかと気になる人もいるでしょう。

流星キャンドルは1個2,000円~2,600円程度で販売されています。

各サイトでの価格としては、

となっていて、最も安く売られているのがハンドメイドサイトの「Creema」と「minne」です。

ここでは1個2,000円で販売され、キャンドルソーサー付きでも2,400円です。

少しでも安く購入したいならハンドメイドサイトをまずは確認することをおすすめします。

おわりに

ここでは流星キャンドルについて紹介してきました。

今までキャンドルを癒しのアイテムとして使っていた人、そうでない人も、流星キャンドルを使ってみたいと思ったのではないでしょうか。

流星キャンドルはネットで手軽に購入することができます。

流星キャンドルを上手く育てて、自分だけの癒しのアイテムとして活用してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています



シェアする

フォローする