とうもろこし茶(コーン茶)の7つの効果・効能。美味しい飲み方5選も!

飲み物

最近ではスーパーやネットストアなどで見かける機会が増えてきたとうもろこし茶ですが、どのようなお茶なのかご存知ですか?

とうもろこし茶はむくみの解消や普段の生活では難しい鉄分の補給もすることができる女性にとって嬉しい効果が多いので、ぜひ毎日でも飲みたいお茶です。

今回は、とうもろこし茶について効果や効能、美味しい飲み方についてご紹介していきます。

 

 




とうもろこし茶(コーン茶)ってどんなお茶?

 

とうもろこし茶はコーン茶とも呼ばれていて、とうもろこしの実の部分を使って作られるお茶で、とうもろこしのひげ茶とはまた少し違う味わいのお茶になっています。

とうもろこしの実を乾燥させてから火にかけて炒り、完成した乾燥とうもろこしを煮ることでとうもろこし茶が完成します。

とうもろこしの実の甘みも感じられますが、炒ることで香ばしい風味も感じられるので飲みやすいお茶として人気です。

また、冷え性の改善や鉄分補給ができることなど様々な女性にとって嬉しい効果が得られるということからも生活の一部に取り入れたいと言われているお茶ですよ。

 

 

とうもろこし茶(コーン茶)の7つの効果・効能

 

とうもろこし茶には様々な効果があるとご紹介しましたが、その効果は主に以下の7つです。

  1. 便秘解消
  2. むくみ解消
  3. 貧血対策
  4. 冷え性の改善
  5. 血圧を下げる
  6. 血糖値を上がりにくくする
  7. ダイエット効果

それでは、これらのとうもろこし茶による効果について見ていきましょう。

便秘解消

とうもろこし茶には腸の調子を整えてくれる食物繊維が多く含まれています。

食物繊維は腸の中にある最近のえさになってくれるので、腸内フローラを健康な状態に整える手助けになります。

そのため、便秘解消の効果が期待できるのです。

 

むくみ解消

とうもろこし茶が持っている利尿作用は他のお茶よりも強めで、とうもろこし茶を飲むと必ずトイレに行きたくなると言われるほどの効果です。

そのため、水分と一緒に老廃物も排出することができ、むくみの解消の繋がります。

 

貧血対策

他のお茶ととうもろこし茶の大きな違いとして、とうもろこし茶の鉄分の多さが挙げられます。

普段の生活でも鉄分を摂るのは大変なので、とうもろこし茶を飲むだけで貧血対策ができるのは嬉しい効果ですね。

 

冷え性の改善

とうもろこし茶は新陳代謝をあげる効果も持っているため、体がぽかぽかと温まり、冷え性の改善にも良い効果をもたらしてくれます。

 

血圧を下げる

とうもろこし茶の中に含まれている成分には、カリウムやリノール酸といったものもあります。

これらの成分には血圧を下げる効果もあるので、高血圧の人にお医者さんが進めることもあるほどです。

 

血糖値が上がりにくくする

とうもろこし茶は食事によって血糖値が一気に上がってしまうことを防いでくれます。

血糖値が急に上がったり下がったりすると健康にもよくありませんし、お腹がすきやすくなってしまいます。

そのため、血糖値の動きを緩やかにすることが大切なのです。

 

ダイエット効果

便秘の解消やむくみの解消、新陳代謝をよくする効果によって、ダイエット効果を期待することができます。

体質の改善によって行うダイエットなので、リバウンドを起こしにくいというメリットがあります。

 

 

とうもろこし茶(コーン茶)に含まれているカフェイン量は?

 

とうもろこし茶にはたくさんの健康効果がありましたが、お茶を飲む際に気になるのがカフェインの量ですよね。

カフェインを取りすぎてしまうと頭痛や胃痛など様々な体調不良の原因になってしまいます。

また、妊娠中や小さな子供にとっては妊娠していない大人よりもカフェインに対して敏感に反応してしまうため、カフェインに気を配らなくてはいけません。

とうもろこし茶には基本的にカフェインが含まれていないので、妊娠中や小さな子供でも安心してとうもろこし茶を飲むことができます。

また、カフェインが含まれていないので飲みすぎても頭痛や胃痛などの体調不良が起こりにくく、とうもろこし茶は水の代わりに普段の生活に取り入れやすいお茶と言えるでしょう。

 

 

1日の適切なとうもろこし茶(コーン茶)の摂取量は?

 

カフェインが含まれていないため、水の代わりに飲むことができるとご紹介しましたが、1日の適切な摂取量はどのくらいなのでしょうか?

基本的には普段の生活で飲む水と同じくらい飲んでも体調には問題ありません。

しかし、一気に大量のとうもろこし茶を飲んでしまうと水を大量に飲んだ時と同じように体内の塩分が少なくなってしまう水中毒の症状が出てしまうこともあるので注意しましょう。

また、とうもろこし茶には強い利尿作用があるため、お手洗いに気軽に立てない状況や場所ではとうもろこし茶を大量に飲むことは控えた方が良いですよ。

 

 

とうもろこし茶(コーン茶)の効果的な美味しい5つの飲み方

とうもろこし茶は基本的にパックやとうもろこしを乾燥させて炒られた状態で販売されています。そのため、手軽に飲むことができてとても便利です。

ここでは、とうもろこし茶の美味しい飲み方についてご紹介していきます。今回ご紹介するのは、以下の5つです。

  1. 煮出してホットとうもろこし茶
  2. 冷やしてアイスとうもろこし茶
  3. ティーパックで手軽に
  4. とうもろこし茶ラテ
  5. 手作りとうもろこし茶

それでは、これらの飲み方について1つずつ見ていきましょう。

煮出してホットとうもろこし茶

出典:Instagram

 

とうもろこし茶はホットとアイスのどちらでも飲まれていますが、冷え性の改善効果を期待しているという人にはホットの方がおすすめです。

パックや乾燥とうもろこしを水と一緒に火にかけて煮出しましょう。濃さは自分の好みに調整することができますよ。

 

冷やしてアイスとうもろこし茶

出典:Instagram

 

煮出して作ったとうもろこし茶を冷蔵庫で冷やすとアイスとうもろこし茶になります。

アイスにしても問題なくとうもろこし茶の効果や効能を得ることができるので、飲みやすい温度に冷やして飲みましょう。

 

ティーパックで手軽に

出典:Instagram

 

とうもろこし茶にはティーパックで簡単に1人分のお茶を作ることができる商品もあります。

できたてのとうもろこし茶を飲みたい場合や、職場などでも手軽に飲むことができるのでおすすめですよ。

 

とうもろこし茶ラテ

出典:Instagram

 

普通の飲み方でもとても美味しいですが、ほうじ茶ラテのように牛乳を入れてとうもろこし茶ラテにしてしまうのも楽しいですよ。

牛乳ととうもろこし茶の割合はお好みによって変化させていき、自分の好きな割合を見つけるようにしてみましょう。

 

手作りとうもろこし茶

出典:Instagram

 

とうもろこし茶は市販のものだけではなく、自分でとうもろこしを使って作ることもできます。

とうもろこしをしっかりと乾燥させて炒るだけなので、まとめて作って保存しておくこともできて便利ですよ。

 

 

とうもろこし茶(コーン茶)を飲むことによる副作用や注意点は?

 

コーン茶を飲むことによって起こるかもしれない副作用や注意点には、以下の3つがあります。

  1. 利尿作用によってお手洗いが近くなる
  2. 脱水症状
  3. とうもろこしアレルギー

それでは、これらの注意点について見ていきましょう。

利尿作用によってお手洗いが近くなる

何度かご紹介したように、とうもろこし茶の利尿作用はとても強いためお手洗いの回数が多くなってしまいます。

そのため、お手洗いにすぐに行けない時にはとうもろこし茶を飲むことは控えておいたほうが無難ですよ。

 

脱水症状

利尿作用によってお手洗いに何度も行っていると、体内から水分がどんどん排出されてしまい、脱水症状を起こしてしまうこともあります。

脱水症状になるほどの利尿作用は基本起こりませんが、注意しながら飲むのがベストです。

 

とうもろこしアレルギー

とうもろこしアレルギーのある人がとうもろこし茶を飲むとアレルギー反応が出てしまいます。

また、軽いアレルギーだとしても重症化に繋がりかねないので、とうもろこしアレルギーのある方は医師に相談しながら飲むようにしましょう。

 

 

おすすめのとうもろこし茶(コーン茶)3選

森のこかげ とうもろこし茶

 

森のこかげのとうもろこし茶は少量ずつパックになっているので、ティーバックのように使うこともできますし、鍋で煮出すこともできる便利な包装です。

浅く、軽めの焙煎なので通常のように熱湯につけておくだけでは味が薄く感じられる方もいるかもしれません。

そのような場合は少し多めに鍋に入れて味を見ながら煮出していくとちょうど良い濃さになりますよ。

また、薄味でもとうもろこし茶に含まれている成分は十分に出ているので妊婦さんや小さな子供でも安心して飲むことができますよ。

 

 

 

ポッカサッポロ やすらぎ気分のコーン茶

 

ポッカサッポロのやすらぎ気分のコーン茶は、持ち歩きに便利なペットボトル型のとうもろこし茶です。

やすらぎ気分のコーン茶に使われている乾燥炒りとうもろこしは、浅い焙煎のものと深い焙煎のものを混ぜて使っています。

そのため、すっきりとした味わいの中にも深みのある味が特徴的です。

Amazonや楽天などではケース販売が多いですが、百円ショップでも取り扱っているところがあるので探してみると1本単位で販売しているかもしれません。

 

 

 

ほんぢ園 国産コーン茶

 

ほんぢ園の国産コーン茶は、ティーバッグタイプで1杯から手軽に作ることができる手軽に楽しめるとうもろこし茶です。

国産のとうもろこしにこだわって作っているので、安心して飲むことができます。

香ばしさが他のとうもろこし茶に比べて強いので、とうもろこしの香ばしい香りに癒されますよ。

 

 

 

おわりに

 

とうもろこし茶には便秘の解消やむくみ解消、鉄分補給など様々な健康効果がありました。

味もとうもろこしの甘みと炒ることによる香ばしさが一緒になっていて、とても飲みやすいお茶です。

市販のとうもろこし茶にも美味しいものがとても多いですが、自分でとうもろこしから作るのも楽しく、おすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました