休日はカメラを持ってお出かけ!いつものお散歩が2倍楽しくなる!

健康や美容のためにと、毎日散歩をしている人もいるのではないでしょうか。

この散歩も、毎日見慣れた環境では飽きてしまった人もいるでしょう。

そんな人は、カメラを持って出かけてみてはいかがでしょうか。いつもの散歩が全く違ったものとなりますよ。

ここでは、カメラを持って散歩をすることの魅力、写真の活用法などについて紹介します。




休日はカメラを持って出かけてみよう!

休日に予定がない日は、部屋の中でゴロゴロしている人もいるでしょう。

そんな予定がない日も、カメラを持って散歩に出かけることで楽しい時間を過ごすことができます。

何気なく歩いているだけでは目的がないため、楽しさを感じることも少ないです。

しかし、カメラを持っていることで、見慣れた環境でも被写体を探すようになります。

そして、被写体を見つけて写真を撮ってみると、いつもの風景や植物が違ったものと感じることもあります。

写真に撮れば自宅に帰ってからも楽しむことができ、何もすることがない休日も充実した時間を過ごすことができますよ。

カメラを持って写真を撮ろう!いつも散歩がより楽しくなる5つの魅力

散歩が特別な物に

写真を撮ることを目的とした散歩では、被写体を探しながらの散歩となります。

見慣れた街並みも、被写体を探すことで意外な物に気づくことがあります。

  • 道端にこんな花が咲いていたのか
  • 空がこんなに綺麗だったのか、変わった雲がある
  • 歴史を感じさせる建物がある

など、色々な物に気づくことになるでしょう。

これらの発見をすることで視野が広がり、見慣れた風景の散歩もとても楽しいものとなります。

自宅に帰ってからの楽しみ

散歩中には、様々な物を撮影することになるでしょう。

散歩から帰ってくれば多くの写真がたまり、一つひとつを確認すると、ほとんどが特に代わり映えもしない写真ばかりかもしれません。

しかし、その中の一つには、自分でも納得できるような写真が撮れていることもあります。

この一枚を見つけることができれば、この写真を誰かに見せたい、どこかに飾りたいと、さらに楽しみも増えますね。

地元に詳しくなる

今住んでるところの良いところなどを聞かれて、全く答えられない人もいるのではないでしょうか。何気なく生活していると、その場所の良さもあまり気づかないものです。

しかし、写真を撮るようになると、様々な物に興味が出て、地元の良いところも見えてきます。

また、いい写真を撮ろうと思えば、時間帯や目的の場所に行くまでのルート、建物なら歴史なども調べることもあるでしょう。

このことで、さらに地元のことに詳しくなりますよ。

写真を撮るトレーニングができる

散歩中の写真は、難しいことを考えず気になったものを撮るのが魅力の一つです。

面白いと思って撮ってみても、写真を見たら意外につまらなかったといったこともあります。

しかし、この繰り返しで、もっと今度はこの角度で撮ってみよう、時間帯を変えて写真を撮ろうと様々な写真のイメージが膨らみます。

とにかく写真を撮りまくることで、自然と写真をどのように撮ればイメージ通りの写真が撮れるのかが分かるようになり、今までつまらないと思っていたような被写体も、魅力的な写真になるでしょう。

どんな天候でも散歩が楽しみ

通常の散歩は天気の良い日だけすることでしょう。

しかし、写真を撮るようになると雨が降っている、雪が積もったといった時ほどチャンスです。

このような天候でしか撮影できないような風景もあります。

天候が悪い日でも、カメラを趣味とすることで楽しい時間を過ごすことができます。

写真を撮った後はどうする?写真の活用法4選

カレンダーを作ってみる

ネットではカレンダーが簡単に作れるテンプレートなどもあります。

自分で撮った写真を使うことで、オリジナルのカレンダーが作れます。

オリジナルグッズを作る

写真一枚あれば、その写真をTシャツにプリントしたり、マグカップ、ハンドタオル、スマホケース、バッグ、ゴルフボールなど様々な物に印刷していくれる業者があります。

自分が撮った写真を使ってデザインされたグッズを作ることで、また違った喜びが得られることができます。

写真共有サイトに投稿する

写真を撮って自分で楽しむのもいいのですが、多くの人にも見てもらいたい、楽しんでもらいたいと思う人もいるでしょう。

そんな人は写真共有サイトに投稿してみましょう。

世界中の人が見てくれ、自分で撮った写真が多くの人を感動させる写真となるかもしれませんよ。

グリーティングカード

グリーティングカードは、親しい人に日頃の感謝の気持ちを伝えるカードのことで、日本では年賀状や暑中見舞いなどのことです。

このグリーティングカードに、最近撮ったお気に入りの写真を印刷することで喜んでもらえるでしょう。年賀状や暑中見舞いだけでなく、クリスマスや誕生日、入学や入社のタイミングで送っても良いでしょう。

グリーティングカードは、パソコンやプリンター、作成ソフトがあれば作ることができます。

プリンターメーカによっては、無料で作成ソフトが利用できるところもあります。

いい写真が撮れた時には、グリーティングカードで写真を送ってみてはいかがでしょうか。

何を撮影すればいい?自分なりの感性で写真を撮ってみよう!

初めて写真を撮るときには、何を撮ればいいのかと迷う人もいるでしょう。

始めた頃はどうしても気負いをしてしまいますが、自分の興味があるもの、関心があるものを深く考えずまず撮ってみましょう!

自分なりの感性で撮っていくうちにその興味や関心もさらに深まり、より良い写真が撮れるようになるでしょう。

写真は撮った数だけ上手くなってきます。

上手く撮れなかったことで、なぜこうなったのかと考えて試行錯誤すれば、構図が悪かった、光が逆行だったなどに気づき、前回よりも良い写真が撮れるようになるでしょう。

ドンドンと写真をたまり、初めの頃に撮った写真を見ると自分の写真が上手くなっていることにも気づき、さらに写真を撮ることが楽しくなってきますよ。

まずはスマホからでもあり!慣れてきたらミラーレスや一眼レフがおすすめ!

写真には興味があるけど、カメラを持っていない人も多いことでしょう。

この散歩中の写真はスマホからでも始めることができます。

スマホでの写真なら誰でも気軽に始めることができるのではないでしょうか。持ち運びも楽なので、気軽に散歩中に写真を撮ることができるでしょう。

ただ、慣れてくるとスマホでは物足りなさを感じてくることがあります。

そんなときには、比較的扱いやすいミラーレス、高画質でプロ並みの写真も撮れる一眼レフカメラを使ってみましょう!

一眼レフやミラーレスのカメラを購入することで、写真の撮り方にも幅が広がりますよ。

おわりに

ただの散歩も、写真を撮ることを目的とすることで、とても楽しいものになると感じたのではないでしょうか。

思い出を残すための写真は、親しい人とシェアしやすく、写真一枚で同じ感動を味わうこともできます。

また、写真は視点を少し変えるだけで、全く違う写真となることもあります。その人の感性によって見慣れた風景も感動を与えるような写真となることもあるのです。

散歩中の写真から初めて、感動できるような写真を一枚撮れるようにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています



シェアする

フォローする