ミニチュアガーデンの作り方。真似したい秀逸なアイディアも!

趣味としてガーデニングを始めたいと考えている人もいるでしょう。

自分で考えたレイアウトで様々な植物を使って庭を彩るのはとても素敵ですよね。

しかし広範囲になると作業が大変ですし、何よりガーデニングができるほどの庭がないという人もいるでしょう。

そんな人はミニチュアガーデンを始めてみてはいかがでしょうか。

ここではミニチュアガーデンの作り方についてご紹介します。

作り方が分かりやすく紹介された動画、初心者でも手軽に楽しめるキット、参考にしたい動画なども紹介していきますのでぜひ最後まで読んでくださいね。




ミニチュアガーデンとは?

ミニチュアガーデンはフェアリーガーデンとも呼ばれます。

フェアリーガーデンとは妖精の庭という意味で、小さな庭の中に小さなドールハウスで使うようなミニチュアサイズの家や人形などを置くことで、妖精の庭のような小さな世界を表現することができます。

小さな器の中に自分の好きなレイアウトで楽しむことができるミニチュアガーデンは、庭がなくても気軽にガーデニングを楽しむことができるのが魅力の一つでしょう。

大きな庭に広範囲に綺麗な花を植えたり、大きな樹木を植えたりするのも魅力的ですが、そのためには大きな費用も時間も必要です。

ミニチュアガーデンはちょっとした費用、ちょっとした隙間時間でもすることができて、庭がない人でもガーデニングのように楽しむことができます。

ミニチュアガーデンを作ってみよう!

ミニチュアガーデンの魅力は小さいことにあるでしょう。

ミニチュアガーデンは狭い庭でも魅力的な世界を作ることができますし、庭がなくてもプランターやマグカップのような小さな器でも楽しむことができます。

小さな植物なら植え替えも簡単にすることができます。

フィギュアミニチュアの人形など置くのもただ置くだけですし、この手軽な作業によっていつのまにか時間を忘れて没頭してしまう人も多いようです。

色々な植物やミニチュアなどを配置していくことで徐々に自分の世界観が形となっていきとても楽しい時間を過ごすことができます。

体力を必要とする、知識や技術を必要とするものは長続きしないことが多いですが、ミニチュアガーデンはそんな体力や知識、技術も必要なく誰でも手軽に楽しめて、完成すれば家の中を彩るインテリアともなります。

ミニチュアガーデンを作るときに必要な材料は?

ミニチュアガーデンを作るときには、世界を表現するための器が必要です。

この器は基本的には世界観に合っていれば何でもいいです。

大きな世界を表現するなら大き目の器が良いですし、小さな世界なら自宅にある使わないマグカップでも作ることができますよ。

お馴染みのプランター、ピクニックで使うバスケットなどでもミニチュアガーデンを作るのに最適な器になります。

植物

器の中に好きな植物を寄せ植えするのも楽しいです。

お花を植えてもいいですし、お世話が楽なサボテンなどの多肉植物を植えると可愛らしいミニチュアガーデンを作ることもできます。

ドールハウス用の小物

ミニチュアガーデンでよく使われているのが、ドールハウス用の小物です。

人形や家、フェンスやベンチ、植物を模した物など、様々な小物が販売されています。

このような小物だけを使ってミニチュアガーデンを作るのも良いでしょう。

本物の植物ではお世話をする必要がありますが、ミニチュアばかりで表現すればお世話をする必要もありませんし、配置も気軽に変えることができます。

おはじきやビー玉

ミニチュアガーデンは自分の好きなように世界観を表現できるのが魅力です。

自分の世界観に合っているのなら何でもアイテムとして活用ができ、子供の頃に遊んだおはじきやビー玉なども良いアクセントになるでしょう。

海が近い人は、浜辺でシーグラスなどを探してミニチュアガーデンに使うのもいいかもしれませんね。

紙粘土

ミニチュアガーデンに使いたいアイテムがあっても市販されていないケースもあります。

そんな時は紙粘土を使って自作するのも良い方法です。

紙粘土で形を作って色付けすれば様々なアイテムを作ることができてミニチュアガーデンの世界観も広がりますよ。

実は簡単!ミニチュアガーデンの作り方

ミニチュアガーデンの簡単な作り方の流れとしては、

  1. 作りたいイメージを固める
  2. イメージに合った材料を揃える
  3. 土や底石など、土台作りから始める
  4. イメージに合わせて、植物やミニチュアの人形などを配置して完成

といった具合です。

ミニチュアガーデン作りでは、まずイメージ固めが大切です。

どんなものを作りたいのか、絵を描くなど完成図を作っておくと良いでしょう。

完成図ができたら、必要な材料を揃えます。

完成図を作っておくことで、必要な材料も分かりやすくなります。

作るときには、まず土台となる部分から作っていくのが基本です。

土を使うのなら、まず器に土を入れるのですが、平らに入れるよりも高低差をつけることで立体的な世界を表現することができます。

上手く完成図ができない時には、まずは土台を作ってから、仮置きをしてみるとイメージが広がりやすいです。

植物を植えるときには、この仮置きがポイントです。

何度も植え替えをしていると植物も弱ってしまうので、仮置きの時にしっかりとイメージを決めてから植えるようにしましょう。

配置を決めるときには、仮置きの時に様々な角度から見ることも大切です。

一方向から見ていると、完成してから別の方向から見ると思っていたような仕上がりになっていなかったということも起こってしまいます。

色々な角度から見て配置や色合いなどを確認して、配置が決まった植物から霧吹きなどで水分を与えて固定します。

土台や植物を植えたら、後は好きなミニチュアの人形などを配置して、さらに自分なりの世界観を表現しましょう。

動画で学ぶミニチュアガーデンの作り方

魅力的なミニチュアガーデンでは、想像もつかないような材料でアイテムを自作して表現されているものも多いです。

この動画では、市販されているミニチュアも使いますが、麻紐や紙粘土、風船などを使った表現方法も紹介されている動画です。

風船を上手く使って紙粘土でアイテムを作る、麻紐を使った草の表現など、色々なテクニックを知ることができます。

初めてミニチュアガーデンを作る人、オリジナルの表現をしたいと考えている人にも参考になる動画です。

ミニチュアガーデンのキットもおすすめ!

アウトレット品 ピクタ ミニチュアガーデンキット

パテ状の土を使ったミニチュアガーデンが楽しめるキットです。

特殊な土を使っているので容器の壁に植物を植えるという立体感のある寄せ植えが可能で、アイデア次第で様々な楽しみ方が出来るでしょう。

このキットにはパテ状の土以外にも栽培フォーム、固定用のワイヤー、分かりやすい作り方のマニュアルもセットになっています。

マニュアル付きなので初めてのミニチュアガーデンでも気軽に楽しむことができます。

870円と価格もお手頃なのも魅力です。

初めてでとりあえず試してみたい、いつもとは違う植え方に挑戦してみたいと考えている人におすすめの商品です。

ドールハウス ミニチュア 手作りキット

ドールハウスを手作りできるキットです。

様々なアイテムが揃っているので作り甲斐があり、完成すれば良いインテリアにもなります。

ドールハウスを作って部屋に飾るのもいいですが、大きめの箱庭を作って、このドールハウスに合ったミニチュアガーデンを作ってみてはいかがでしょうか。

生活感を感じられるドールハウスが一つあるだけで、ミニチュアガーデンの世界観もイメージしやすく、納得できるミニチュアガーデンを作ることもできるでしょう。

中国語の説明書ですが、図解で分かりやすく初めての人でも作ることが可能です。

LEDライト付属で夜でも楽しめる商品です。

参考にしたいミニチュアガーデン画像集!

出典:Instagram

楽しい雰囲気が伝わってくるミニチュアガーデンですね。

部屋に置くミニチュアガーデンは色使いも大切で、写真のように黄色を多く用いることで、明るい、楽しいという黄色のイメージに合った部屋の雰囲気にしてくれます。

このようなミニチュアガーデンが部屋にあるだけで元気を与えてくれますね。

出典:Instagram

小さな庭がある、何も植えていない場所があるという人は、このようなミニチュアガーデンを作ってみてはいかがでしょうか。

玄関先にこんなミニチュアガーデンを作ると、来客者の目を楽しませることもできますね。

出典:Instagram

ミニチュアガーデンは小さな器の中で作るのが一般的ですが、レトロ感のあるプレートや小さな器を使って作るのも楽しそうです。

出典:Instagram

ミニチュアガーデンは、小さな器の中で世界観を表現するので、どんなものを使っても可愛いです。

そこに多肉植物のような可愛らしい植物の寄せ植えをすることで、より可愛らしさも増した世界観を表現できそうですね。

出典:Instagram

幻想的なミニチュアガーデンです。

光と水を上手く使えば、夜も楽しめるミニチュアガーデンを作ることができそうです。

出典:Instagram

ミニチュアガーデンに雪が積もった写真です。

外のちょっとした場所にミニチュアガーデンを作ると、本当に妖精がそこで生活しているかのような印象を受けますね。

出典:Instagram

透明の容器を使って作られたミニチュアガーデンです。

透明なので容器の中も見やすく、土の中の世界を表現するのもいいかもしれませんね。

もち運びにも便利なので様々な部屋に運んで雰囲気を変えてくれそうです。

出典:Instagram

割れた鉢を上手く使って作られたミニチュアガーデンです。

ミニチュアガーデンは様々な物を使って表現することができます。

おわりに

ここではミニチュアガーデンの作り方について紹介してきました。

動画での作り方、参考にしたい画像などを見るとミニチュアガーデン作りもとても楽しそうに感じたのではないでしょうか。

ミニチュアガーデンでは自分の世界を表現することができます。

嫌なことがあった時でもミニチュアガーデン作りに没頭することで、そんなことも忘れていいストレス解消にもなるでしょう。

自宅でできる趣味を探している人はミニチュアガーデン作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。